11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
03/21

びっくりぽんの日

Category : 日記
お料理
商品券をいただいたし、息子も弟も帰ってくるし、お彼岸だし、ということで食事にでかけることにしました。
そこのお店はとっても繁盛していて、席につくまでに30分かかりました。都会では当たり前なのですが、高山の人はなかなか待てないのですよ。ようやく席に案内されましたが、5人の席がなく二人と三人で座りました。席はわかれても、注文はまとめますとのことでした。

すごく忙しそうで店員さんもバタバタしていました。お料理がとってもおいしくて満足しました。

さてお勘定というときに、レジへ出すカードを持って行ったところで、レジに登録されていないことがわかりました。家族は店を出て車にのっていて、何を注文されましたかと聞かれましたが、離れて座っていたので息子と私の分しか分からず、わかりませんと答えました。その後続々と次の人が支払いに来たので、待ってくださいと言われました。

待っていたところで、「レジで問題が起きましたので、お支払いはなくてかまいません」と言われました。突然のことで、素直にというか横着にというか、支払わずに家族のところへ行きました。
車の中で、「ちょっとでも払ってくればいいのに」とみんなから批判の嵐でした。

そのまま家へ帰っても、きっと従業員の人たちも叱られちゃうよなと思うと落ち着きません。忙しいのが終わるのを見計らって支払いに行きました。お店の人に話をして、さあ支払おうというときに、家に商品券の一部を置いてきたことに気づきました。バッグの中をさぐってあたふたして、商品券のある分だけだしました。お店の人が、「こちらの手違いなのに払いにきてくださって、これだけでいいです」と言われました。

お礼を言って出ようとしたら、入口のところにウナギがとびだしていました。これは商品だしと思って、お店の人に「ウナギがでています」と伝えて出ようとしたら、もう一匹出ていました。(^_-)-☆

主人に半額だけ払ってきたというと、「商品券をわざと置いていっただろう。陰謀だ」と言われました。
ほんとに陰謀ではありません。

びっくりぽんの外食でした。




 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。