10
09月11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

10/29

紅葉の城山

Category : 季節
高山
FXのおじちゃんから呼び出しがあり、パソコンの設定に行きました。お天気がよかったのでそのまま城山へ散歩に行きました。今朝は冷え込み、紅葉がすすみそうです。

今日も主人はお山へ芝刈りに・・・じゃなくて山歩きに行きました。
いつものようにおぞいカメラ(主人曰くで)を持って行かれたので、タブレットです。いいカメラは散歩にはちょっと重たいです。
ではいつ使うのとなります。今でしょとはいいません。

高山の町です。日本一広い市でも、見ているところはこじんまりしています。

紅葉
紅葉はお日様が当たるときれいですね。でも今年はマイマイガにやられたようで、あまりきれいじゃないみたいです。

金竜が丘まであがって、鳥さんにピーナツをあげました。外人さんの親子がいたので、女の子にピーナツを手の平にのせてあげましたが、こわかったようで、お父さんが鳥にあげました。
ヤマガラ

タブレットで自分撮りをするのは難しいです。小さいとはいえ右手だけで操作するのはしんどくて、何枚も手だけの写真になりました。
前回もそうでしたが、シジュウカラくんは手にとまりませんでした。鳩もいましたけど、鳩さんに止まられたら、女の子みたいにびびります。





 
10/27

幸せな3日間

Category : 日記
誕生日からの三日間、特に何をしたわけではありません。
むかーしむかし、仕事で締め切りとか準備に追われていた頃はすごくストレスがたまっていました。
昨年までは夜仕事にでていたので、平日は仕事モードでした。

この三日間、仕事に追われることなく気ままに幸せに過ごしました。

お花を家の中に入れるために、まず台所に花の置き場所を確保です。
途中、急に眠くなってお昼寝。いつまでにやらなければということではないので気楽です。霜が降りる前にはやらないといけませんけど。

片付け始めたら、家中の整理整頓、次にいらない物を処分しようとなって奮闘しました。自分でやろうと思ったことなので頑張れます。

置き場所ができたので、次は手入れです。
ゼラニウムの形が悪くなったし、カランコエの枝ののび方が悪くて鉢ごとひっくりかえりそうだし、テッセンは花がさかなかったし、ポトスは伸びすぎて部屋へ入れられないしと何とかしないといけません。
植え替え用に大きい鉢がほしかったので、ホームセンターへ行きました。ホームセンター大好きです。
花、工具、文具、小物家具を見て歩きました。欲しい物があるのですよ。今は買えないけど、見るのが楽しみです。
ついでに本屋さんへ寄って見て歩き。

ようやくお花の手入れで、ウォークマンで音楽を聴きながら、昔のことなど思い出しながら、作業しました。まだ途中ですが、これも途中で終わってよしです。

夜は、小物入れを手作りしたり、お絵かきしたり、ブログを更新したり、どれも途中だけどそれもよしです。

充電できたので、明日からはまた仕事をがんばらないとね。

おまけ。
主人は山歩き、水泳、太極拳、散歩と幸せな毎日を楽しんでおります。
24日には近くの籾糠山へ行ってきました。
今日のブログは写真がないので、お山の写真をのっけます。
天生湿原 ブナ
天生湿原とブナの木です。



 
10/25

城山で

Category : 出来事
誕生日です。
すごく忙しくてブログを更新できていなかったのですが、誕生日は絶対パソコンでの仕事をしないと決めていました。
ブログは仕事ではなく、お楽しみですからね。娘から「おめでとう」の電話がきました。

主人がお天気がよいので城山へ行こうと散歩に誘ってくれました。いつもは別々ですけどね。

ヤマガラ ヤマガラ
城山の金竜が丘は木が茂っている中にちょっとした広場があります。
ベンチに座って手のひらにピーナツをのせていると、ヤマガラが来て前の木にとまってから、手にとまってピーナツをくわえていきます。
私もやってみました。何羽もきて次々と手にとまりました。
ピーナツをくわえて、ちょっと私を見上げるみたいにしてから飛んでいきます。可愛いです。

ピーナツは皮がついていなくて、塩がちょっとついているのがよいそうです。
塩気が多いと脳卒中になるかもしれないと勝手に心配をしました。

半分に割ったのと四つに割ったのでは、大きい方を持って行きます。
小さいのをくわえたら、ポイッと捨てて大きいのに替えていったしっかり者がいました。
主人がピーナツを持っているのに、カメラを持っている私の手にとまって目があったので、思わず
「ごめん、こっちじゃない。」と謝ってしまったうっかり者もいます。

名前が?
こちらの鳥は名前がわからないのですが、一番早くに木に止まっているのに、飛んできません。
ヤマガラが次々やってきても、近寄ろうとしません。警戒しているみたいです。
木の下にピーナツを置いたら、鳴き出してそわそわしていましたが、ようやくくわえて飛んでいきました。
よかったよかった。

先日見た「テンナンショウ属の実」が食べ頃色になっていました。知ったかぶりをして主人に教えてあげました。おいしそうでも食べてはいけません。
テンナンショウ

城山から降りて図書館で本を借り、午後からはお花の世話をしました。
夕焼けの雲は微妙な色が素敵でした。
雲

のんびりしてうれしい誕生日の一日でした。

おまけ
主人はお出かけするのに帽子が必需品です。写真を見て「高倉健みたいだ」と言っております。
お誕生日なのでそれでよしとしましょう。
 
10/19

紅葉はまだ

Category : 季節
朝が寒くてなかなか起きられませんが、目標8000歩を1万歩にしたのでがんばらないといけません。

お目当ては紅葉さがしです。今年の紅葉はあまりきれいじゃないように思います。桜は色づく前に葉が落ちているようです。マイマイガの影響か、夏に雨が多かったせいかなと思います。

紅葉 イチョウ
まだまだ紅葉の始まりです。御坊様の蓮池の近くにある木、名前は??
図書館のイチョウ。一部だけですね。

宮川 片野
宮川沿いです。8月の大雨で河川敷は立ち入り禁止になっていました。犬の散歩に黄色いテープをくぐって通っている人もいましたけど、自己責任ですね。進入禁止のテープがなくなって壊れたところに柵が作ってありましたから、約2ヶ月ぶりに通りました。冬に向かって川沿いの散歩はつらくなります。

最後はいつもの散歩コースより上流、片野方面をながめたところです。
たけしのニッポンノミカタ」テレビで高山が紹介されていました。田舎なんだけど、外国の人には魅力的だそうですよ。
のどかな景色ってこんなのかしら。
厳密にいうと、テレビで紹介されたのは飛騨市です。きっと飛騨市の人は怒っているでしょう。


 
10/16

御嶽

Category : 自然
主人がお山から無事下りてきました。
白草山は頂上が広くて、御嶽もよく見えたようです。
御嶽 御嶽
主人が眺めていたときも捜索が続いていたはずです。

これを書いていたときに、速報で捜索活動が来春まで中止というニュースがはいりました。
行方不明の方のご家族もつらいことでしょう。
 
10/16

寒いけどよい天気

Category : 日記
主人がまたまたお山へと出かけていきました。
下呂市の白草山です。前日にあ~でもないこ~でもないとお山を選んで、部屋中に荷物を広げて準備をしていました。
私の大事なおぞいカメラを持って行ったので、私はタブレットです。お昼ころ携帯がかかってきて、予想どおり「このカメラあかんわ、人に撮ってもらっても写っているか分からん」とのこと。
今のカメラは外でも液晶がきれいらしいです。
白草山からは御嶽が噴煙をあげているのが見えたそうです。

主人がお山を堪能している間に、私はお仕事です。久しぶりに追われています。

パソコンに向かっていると、外から可愛い賑やかな声が聞こえてきました。
どこかの保育園の未満児さんでしょうか、広場で遊んでいました。
保育園児
お帰りの時間になったようで、4台の車に次々と乗せられていました。
乳母車はOKですが他のは台車みたいで、なんだか子ども達が荷物みたいに見えておかしくなりました。
子ども達、可愛かったです。
これが安全なのでしょうね。保母さんたちは大変ですね。
 
10/12

台風がやってきますね

Category : 季節
大型台風がやってきます。被害が出ているところもあります。
高山は8月に被害があったところの復旧はまだなかばといったところです。
城山にも江名子にも青いビニールシートで覆われたところが残っています。

古い町並みも台風に備えています。
準備 秋
江名子川沿いで8月に浸水したところには土嚢が用意してあり、宮川朝市の垂れ幕は外して木に巻き付けてありましたよ。古い町並みでは葉っぱが少し色づいてきました。でもまだ青い朝顔ヘブンリーブルーもきれいに咲いています。

台風になると城山散歩もできないので、できるだけ歩数を稼いでおきます。
主人から借りた熊よけの鈴をカラカラならして歩きました。そこで、発見。
少しぼけてしまいましたが、マムシグサです。いつもなら見過ごすところですが、以前朴の実をブログで訪ねたときにマムシグサかもと教えていただきましたから、これだ!と思いついたわけです。こういうのって、うれしいです。
右側は綿の実です。こちらは以前育てたことがあったので懐かしいです。綿の茎にはとげがあります。「風とともに去りぬ」の映画で奴隷たちが綿を収穫している場面を思い出します。
マムシグサ

こちらはもう終わりかけのコスモスです。
朴の木スキー場にある宿儺の湯へ行ってきました。ここのお風呂はあまり熱くなく、体の芯からあたたまります。
コスモス コスモス
カメラがおぞいので液晶画面が見にくく適当に撮ってみました。主人がおぞいと言ったのがよく分かります。
これからだんだん寒くなります。

そうそう、帰り道、丹生川の芦谷のあたりの田んぼにイノシシが三頭いました。大発見が続きます。
 
10/09

夜祭り

Category : 行事
主人が山から帰ってくるのが遅くなるのに、待っていられず夜祭りを見に行きました。
寒いかなと思って耳当てをしていったけど、さほど寒くなかったです。
たくさんの外人さんがいましたけど、それほどの混雑でもありませんでした。平日だし、連休前だからでしょうか。
カメラを主人に貸してあげたので、タブレットでとりました。こちらの方がきれいに撮れるみたいです。
屋台
屋台が向きを変えるたびに拍手が起こっていました。
以前はお店が明かりを消して屋台だけの明かりになりました。今は危ないからでしょうか。お店の明かりはついています。
おまわりさんがすりに注意と呼びかけていました。DJポリスみたいでしたよ。

屋台が並んだところで帰りました。最後まで追いかける元気はありません。

余談ですが・・・。
主人にカメラを貸してあげたのですが、帰ってきて文句をいいます。途中日付が買ったときの日付にもどってしまったそうです。電池が外れてもどったのですが、それをカメラが悪いみたいに言います。
「こんなおぞいカメラはだめだ」ですって。焼岳はきつくて疲れたみたいだけど、カメラにけちをつけなくていいのに。
自分の扱いが悪いのにね。
「おぞい」は各地で使われているみたいです。
山頂で人に撮ってもらった主人は「おぞい」顔をしていました。 (-_-)

 
10/09

秋の高山まつり

Category : 行事
主人が早朝に山登りに焼岳へでかけました。8月に団体で登ったのですが、今回は違うルートです。まだ連絡がありませんと書いたところで連絡がありました。ガスって何も見えないそうです。

出かけるといっても何もしないのですが、見送りだけすると早起きになります。となると寝直すには中途半端なので、えいやっと散歩です。寒くて耳当てを出しました。体は耳から冷えてくると思いましたね。

秋の高山祭りです。予報されていたよりお天気がかんばしくありません。
5時半ころなのに、もう裃をきた人が通りに出ていました。宮本の人でしょうか。

祭りやわい
家々では祭りの準備がされていました。提灯は屋台組ごとに違います。これを見るのも楽しいですよ。軒下にはすだれや幕をはります。
八幡様 八幡様
前の通りはまだまだ人通りはありません。ここに屋台が並びます。11台の屋台がありますが、今年は1台は修理中で、11台だそうです。神様だけは出発準備OKみたいですよ。

屋台
蔵に入っている屋台も準備をしていました。人馬台と行人台です。
夜祭りができるように、お天気が心配です。



 
10/08

明日は秋の高山祭り

Category : 行事
明日から高山祭りです。昨年は雨になりましたが、今年は台風の合間をぬってお天気がよさそうです。
リベラ様から寒さ対策についてコメントがありましたので、今朝の散歩は八幡様が目的です。

今朝も寒くて、寒くて、ついにストーブを出しました。
下の写真は古い町並みにあるわらび餅のお店前です。朝早くに作られるのでしょう。換気扇から湯気がものすごい勢いで出ています。なんだか暖かそうです。湯気がはっきり見えるのは周りが寒い証拠です。
わらびもち

手前で曲がって古い町並みを通り、八幡様へ向かいます。
御旅所
江名子川沿いに御旅所がありました。やわい(準備)がなされていました。八幡様のすぐ近くなので、あまり御旅所という感じがしませんけど。

八幡様 立て札
八幡様です。石段を上がった左側の境内でからくりが奉納されます。からくりが始まるまえに、石段は封鎖されますので、こちらから境内にはあがれません。写真右の建物は資料館で、その下に行列の順番でしょうか、番号のついた立て札がありました。
秋の祭りは、観光気分で見物できますが、今年はちょいと違って準備段階も少し気になります。というのも来年の春の高山祭りで、わが町内は祭りを取り仕切る宮本で、役割分担や会議がすでに始まっているからです。役の方は2年前から祭り運営に参加されています。町内総出での打合せも始まりました。
こうして伝統が受け継がれていくのでしょう。
 
10/07

散歩の途中で

Category : 季節
今朝はすんごく寒かったです。6時は夜が明けていますが、まだお日様は昇っていません。
手袋をしてマフラーをまいて散歩にでかけました。お日様が照らし出すとほっこりします。

そして発見。ほーら、足長おばさんです。
あしながおばさん

秋ですね。イチイとナツメの実も発見です。祖母を思い出します。
イチイ ナツメ





 
10/06

リンゴを買いに

Category : 日記
「お母さん、りんご買いに行こう」
このところ、物忘れが激しくなった実家の母を外へ連れ出しました。
認知症と書いてしまうと母が落ち込んでしまいそうで、母にはちょっとぼけてきたかなとなっています。
リュウマチで思うように歩けませんから家の中で過ごすことが多く、気分転換にと声をかけます。

行き先は渚の道の駅。
何度も通ったことのある道ですが、母は初めて来たと言います。初めてに感じられるのもいいことです。「よく道がわかるねえ。」と褒められました。

渚道の駅

リンゴがたくさん並んでいました。
母の買い物はリンゴ、梨、サツマイモ、ササゲ、しいたけとどっさり。
お金を払ったのにしばらくして払ったかしらと言うので、「大丈夫、払ったよ。逆だったら困るよ-」と笑います。

我が家の分では、義母の指令により「もだに農園」のリンゴはもちろん飛騨ならではのナツメを買いました。義母に煮てもらいます。義母は母より年上ですが、元気です。嫁が甲斐性がないので、ぼけていられないみたいですよ。


 
10/05

八幡様2

Category : 街角
八幡神社
八幡様です。いつもは素通りします。写真の右隣に秋葉神社があります。上がったことがないから秋葉様にお参りしてこようと思いました。
秋葉様石段 狂人石
社殿へあがるまでに80段の石段がありました。日頃階段の上り下りをしていなくて、途中しんどかったです。
社殿の横に狂人石がありました。汚れた物がさわると狂人になるという言い伝えがあると説明されていました。
もちろん見ただけで、触れませんでした。

行きはよいよい帰りはこわい。
降りようとしたら太ももがつってしまいました。またまた、しまった。
転げ落ちたらこわいので、手すりにつかまりながらそろそろと降りてきました。

その後八幡様の階段を上がってお参りし、横にあった稲荷様にもお参りしました。
そこから降りるには緩やかな石段があります。そこも、へっぴりごしで降りました。
 
10/04

クマ出没注意

Category : 自然
毎日のように「クマの目撃情報」が入ってきます。今年はドングリが不作で、熊が里へ下りてくるみたいですね。
先月、城山にもクマが目撃されました。城山はどこからでも上がれて人がたくさん散歩しているところ。どこにすんでいるのでしょう。
城山
春はマイマイガの幼虫が目の前にブラーンと下がってくるのがいやで敬遠していましたが季節もよくなったので、久しぶりに主人と散歩に行きました。入り口には看板がたっています。
「せっかく買ったのだから熊よけの鈴をもってくるんだったね」などと話しながら歩いていると、向こうからきたおばちゃんたちが、
「今、子熊がいましたよ。カモシカモいました。危ないですよ。」と教えてくれました。

主人が手をたたいてパンパン音を出しながら歩きました。
次にあったおじちゃんは
「熊が出たと聞いたけど、おらんかった」
と言いました。

熊にも合いたくないです。熊もそう思っているでしょう。

 
10/03

八幡様

Category : 街角
朝寒くなりましたが、散歩はがんばっています。
八幡様の大鳥居が朝焼けを背にしてきれいでした。
八幡鳥居

「八幡様に願かけて、おみくじひいて問うたらば~、い~つも赤の方がか~ちか~ちかっち勝ち」
なぜかこの歌が頭にうかびました。運動会の応援歌です。
でも・・・少し前、小学生が
「おみくじひいてとったらば~」と歌っていました。
だんだん変わってくるのですね。

調べたら、広島の方では
「~八幡様の神主が ~おみくじひいて申すには」
となっていました。

所変わればですねえ。

運動会といえば、飛騨地方では、競技が終わる少し前にカランカランと鐘をならして終わりますよーの合図をしてピストルのバーンで終わります。どこでもあると思っていたら、岐阜出身の方がこんなの初めてと驚いていました。
綱引きとか玉入れのとき、鈴がなると最後のひとがんばりとなるわけです。いきなり終わったら困るでしょ。
 
10/02

御嶽噴火のニュース

Category : 日記
たくさんの方が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。
救助活動や亡くなられた方の家族の報道を見るたび、心が痛くなります。
主人が御嶽にいてたまたま難を逃れたのであって、前のブログでお気楽な記事を書いたことを反省しています。

その場にいた方々は、素晴らしい景色や登山を楽しんでいてまさか噴火に合うとは思っていらっしゃらなかったことでしょう。まだ不明の方がいらっしゃるようで、早くに救助されることを祈っております。
 
  • « new
  • Home
  • old »