03
02月04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

03/31

3月も終わり

Category : 季節
家の中はまだまだ寒くてストーブをたきますが、外は暖かでした。
クロッカスが咲いていましたよ。
雪で埋まっていたのに、いきなり咲いた感じがして驚きます。
クロッカス
春休みで向かいの広場で遊んでいる女の子がスカートをはいていました。
春ですね。
子どものころ、祖母の家へお祭りに行くときにスカートをはくととってもうれしかったことを思い出しました。
以前仕事を辞めたらスカートをはくと宣言していました。
いつはこうかしら、楽しみです。

明日から4月、今年度の不燃物処理券を使ってしまおうと断捨離の実践。
ハムスターの主人に「はかない靴捨ててよ。バッグも捨ててよ。」と迫ってようやく決心させました。
ついでに実家に声をかけてあれもこれもと廃棄するものをかき集めてリサイクルセンターへ持って行きました。
誰もが思うことは一緒でリサイクルセンターは賑わっていました。
家の中も気持ちもさっぱりして新年度を迎えたいですね。

といっても我が家に新年度に関係あることはないです。
 
03/29

春ですね

Category : 季節
雪 雪
暖かくなりました。
我が家の駐車場の雪の山、昨日のお昼は左の写真ぐらいに小さくなっていました。
今朝はさらに小さくなり、なくなりますね。
地面が乾いたら春ですと宣言できそうです。

暖かい陽気に誘われて、久しぶりに散歩に出ました。
宮川 蕾
宮川は雪解け水で、水量が多くなっています。
川岸の木(何の木かわかりません、勝手に桜にしました)の蕾はまだまだ咲く様子はありません。
 
03/29

高山祭り・駐車場

Category : 行事
4月14日(月)15日(火)は春の高山祭りです。
車で祭り見物にいらっしゃる方に、お知らせです。
我が家の駐車場を利用していただけます。
2台分あります。
屋台が曳き揃えられる陣屋に近いので祭りを十分楽しんでいただけます。
先着順となりますので、ご希望の方は右側のメールフォームからご連絡ください。
連絡していただいた方に、場所や料金(気持ち程度)などを連絡させていただきます。
からくり屋台

 
03/27

結婚記念日

Category : 出来事
32回目の結婚記念日です。
朝の運勢は12位でしたし、サプライズもありませんでした。

主人:言っとくけど、何もないでね。

財布は私がにぎってますからプレゼントはなしにしても、「愛してるよ」とか「これからもよろしく」とかあるといいのにね。

ねさま:言っとくけど奥さんからということもあるよ。

主人:えっ、何かあるの?

ねさま:何もないけど。 


主人からのプレゼントはコンサートのチケット(正しくは整理券)でした。
昨年から行われていた飛騨高山文化芸術祭こだま~れのフィナーレ、「春慶塗の弦楽四重奏」を鑑賞してきました。
主人が行くつもりだったのが祭りの打ち合わせがあって行けなくなったので、代わりに行くことになりました。
奏者も話していましたが、新しい楽器はまだ音が安定しないそうで、弾きこんで音色が作られていくそうです。
よく分かりませんが、楽器もしっくりきていないみたいでした。
弦楽四重奏

曲目は
ヨハンシュトラウス二世 春の声
ヨハネス・ブラームス ハンガリー舞曲 第5番ト長調
フランツ。ヨーゼフ・ハイドン 弦楽四重奏曲 第67番 ニ長調「ひばり」作品64-5 など


もうすぐ3月も終わりですね。
前回更新からいろいろあって忙しくしてました。
さかのぼってアップしようと思います。

何もないけど、平穏な記念日でした。

 
03/26

娘の雛様

Category : 季節
もうすぐ4月になるので慌てて雛様を出しました。
ほんとに雛様だけ、ぼんぼりも御前も屏風もなし。
いかんいかんと思うけど、今年はごめん。
雛様
 
03/25

ちょこっと浜名湖

Category : 旅行
娘のところへ行ってきました。
住まいは豊橋ですが、静岡に近いところです。
母が娘にと米、だいこん、ねぎ等あれもこれもと準備をしてくれたのがお土産です。

娘と一緒に浜名湖周辺をドライブしました。
春ですね。山の中から出ていくと南の方はあたたかいです。
浜名湖周辺も明るく暖かく気持ちよかったです。
冬の格好では似合いません。
浜名湖
久しぶりに主人と二人で記念写真におさまりました。
娘と入れ替わりに写真を撮っていたら、近くのおじさんに声をかけられました。
「飛騨から来とるのかね、遠いね」
飛騨ナンバーもなかなかいいものですね。
「こちらは暖かいですね。高山はまだ雪が残っていますよ」などといろいろお話して、車に乗ろうとすると、
「ちょっと待って。お土産あげるわ。」と大きいミカン7個もいただきました。
そういえば三ヶ日はミカンの産地ですよね。おいしかったしうれしかったです。
 
03/22

かぐや姫のものがたり

Category : 日記
かぐや姫のものがたり
21日に引き続き、「かぐや姫ものがたり」を見に行ってきました。
ホール前で待っていると、おばあちゃんと孫娘も待っていて映画について話していました。
声優のことやアメリカでの放映の問題点とか、他の映画についても女の子が詳しくて、つい聞き耳を立ててしまいました。
ジブリの作品は好きですが、こちらの作品はまあ普通かなという感じです。
見なくてもよかったかなと思いますが、見ないと分かりませんからね。
ちょいと予告編や宣伝に踊らされて期待しすぎるところがあります。
口コミやレビューを見てしまうと自分の感想がぐらついてしまいますが、
いいという人と悪いという人と極端に別れています。

2日連続で遊んで歩いたものですから、さすがに気が引けていました。
娘のところへ行ったら、
「ばあちゃんがな、母さんが2日も映画に行ったと言っとたよ」と言われました。
やっぱり。

「ばあちゃんだって、2日続けてお食事会だったんだよ」と娘に告げ口してもしょうがないか。ハハハ。

まだ行きたい映画があるのよね-。
 
03/22

やっぱりお雛様

Category : 季節
お雛様、市内のひな祭り見物に行く元気はまだ出ないのです。
そういえば裏の家の玄関には雛様が飾ってあります。

雛様 雛様
立ち雛様、貝の雛様、土雛様です。
こちらのお雛様は毎年お目にかかっています。

雛様 梅
↑今年初めて見たお雛様です。母が蔵の中から見つけてきました。
少し古くて、父の母親か妹の人形だと思います。
お后様は、正面に向けて座っているのにそっぽを向いています。首を回そうとしましたが回りません。
仲が悪いみたいで愉快です。私もちょっとそっぽを向こうかしら。

裏の家の玄関はようやく朝日があたるようになって暖かいです。
梅がきれいに咲いて春ですね。

昨日はお彼岸でしたが雪降りだったので、本日お墓参りにいってきました。
朴葉と杉葉にうもれていたお墓をきれいにしてきました。
はっぱのお布団がなくなって寒いかもしれません。
 
03/21

アナと雪の女王

Category : 日記
「ありの~ままに~♪」テレビでよく流れてきますね。
主人:「アリのままにって、人間じゃねえのか」・・・

ディズニー映画って子どもの頃見た以来映画館で見たことないですが、今回どうしても見たくて行ってきました。
祝日とあって混んでいました。

「雪の女王」といえばエロール・ル・カインの絵本が大好きでした。冷たい心の女王様でした。

アナと雪の女王
こちらのお話は悲しく優しく強い心の女王で、表情もドレスもとても素敵でした。
お山にこもって氷のお城を築く時の歌と映像が素敵で感動しました。
吹き替えの歌詞は少し違和感がありましたけど。
YouTubeで聞き比べたら興味深いです。

ディズニーのプリンセスの中で眠りの森の美女のオーロラ姫が1番、シンデレラが2番でしたが、雪の女王エルサが一番好きになりました。
 
03/21

断捨離は続く

Category : 日記
今朝は雪でした。さすがに積もることはありません。
もう雪はいりません。寒いと調子がでません。
と、高山情報はここまで。

今年度の不燃物処理券があまっていたので3月中にもって行こうと思い、断捨離の続きを少しがんばりましたよ。
まずは、お風呂の蛇口の水漏れ修理からです。
元栓を閉めて蛇口を外し、コマを交換して出来上がりです。
外したコマは不燃物ですからね。
こんなのはちょろいものですが、少し不満です。お父さんがやってくれるものと思うからです。

3月8日には廃棄する戸棚は燃えるゴミに出すので、釘抜きやら金槌を使ってぶっ壊しました。
主人が一端処理場へ持って行くと言って車に積んでいたのですが、なかなか持って行かず、人を乗せるときに一端降ろしたらそのままになっていました。

母が出してきた漬け物桶に、えいやっといろいろぶち込んでいざ出発というときに、主人が帰ってきました。
「やあ、お疲れさん」ですって。
「こういうのは主人の役目でしょ。」

まだまだ片付けは続くのですが、捨てられなくて悩むものもあります。
子どものナフキン
子どもたちが保育園や学校で使っていたハンカチやナフキン、保育園で作った小物入れに肩たたきなどなど、誕生会でもらった小さいハンガー・・・・
子どもが小さい頃となるとどうも捨てられません。
学校で作った物の一部はケースに入れて、蔵にも入っています。

今回ナフキンは写真にとっておいて、思い切って捨てることにしようとすると、
主人が「まだ使える」と言います。主人が何と言おうと私の決断次第ですけどね。

「だんなさんって、ハムスターみたいやね。」

次のダーゲットは主人の靴です。ハムスターみたいにためこんであります。


 
03/21

今年は元気が

Category : 日記
3月といえば・・・。
去年までと違うことが・・・。
なぜか「ひーなーさま、見せとくれ」の雛様見物の元気が出ません。
娘の雛様もまだ出していません。

寒すぎるからかしら。
やりたいことがあるのに進まないから。
4月3日までに元気が出るといいのに。

2011年の伝承館の犬を連れた色っぽい官女さんは去年は飾られていませんでした。
2月25日NHKの「昼ぶら」で鞆の浦のお雛様を紹介していたとき、画面の右下隅っこにそっくりの犬を連れた官女さんが映ったのです。一瞬でしたけどピピピピッと反応して、うれしかったです。
いろいろネットで検索しましたが、お雛様にヒットしませんでした。


 
03/16

千の音色でつなぐ絆

Category : 行事
被災地を受けた木から作ったバイオリンを1000人の人がリレー演奏をするコンサート
「千の音色でつなぐ絆」に出かけました。
コンサート
初めにバイオリンが作られる様子の動画がナ流され、続いてプロジェクトの意義が説明されました。

バイオリンの裏には写真にあるように、一本松の絵がありました。
ジュピターやアメージンググレイス、剣の舞といった聞いたことのある曲が多く親しみやすかったです。
演奏は石川綾子さん、とっても素敵な方でした。
ドレスも素敵、話したら今時のアイドルみたいに可愛くて、主人が一発でファンになりました。

コンサートが終わった後、募金をしCDも買いました。
震災のことを忘れず、少しでも協力できたらと思いました。
充実した一日でした。


 
03/16

雫宮祭り

Category : 行事
一本杉白山神社の神様にお参りした後は、雫宮祭り見物です。
この祭りは今年で11年目でまだまだ新しいです。
神の雫とは「お酒」のことです。
商工会議所や青年会議所の若い方が中心になって実行しています。

祭り準備 前日の準簿です。

一之宮で神事が行われた後「神の雫」が御旅所まで運ばれてきて陣屋前で開会式が行われました。
ちらしをしっかり読んでいなくて、御輿が出るのは11時半なのに、慌てて出てきてました。
開会式の催し物があったのですが、いまいちでした。
せっかく意気込んでなされる祭りですから、もう少し威勢のいい出し物だとよかったのに。

御旅所でお祓いがありました。
祭壇
一之宮から運ばれてきたのが右側にある赤い樽です。
この樽を飾るとき、手前のパイナップルがころんと落ちてきましたよ。
巫女さんがお尻をぱぱっと払って飾りなおしてました。

ようやく御輿の出発となりました。
酒樽の御輿は10数台かしら。年々増えているようです。
御輿 御輿
女性の御輿もありました。出発したてで元気があってもいいのにまだまだでした。
「わっしょい」ではなくて、独自のかけ声もあるといいですね。最後の二十日会は元気がよかったです。
この後、秋の高山祭りの八幡神社まで行って、帰り宮川沿いで手筒花火などで盛り上がり、一部は宮川へも入るそうです。
残念ながら、追っかけまでできなくて後はわかりません。

昨日見た宮川は水量が多かったです。川へ入ったら危ないかもしれないと思ったのですよ。
宮川

高山祭りは静の祭り、古川祭りはお越し太鼓があって動のお祭りです。
雫宮祭りが高山の動のお祭りとなって欲しいです。
 
03/16

太鼓の音がドン

Category : 季節
太鼓がドンとなると元気がでます。
春です。
一本杉神社祭り
一本杉白山神社の行列がやってきました。
初午のお祭りでしょうか。
こちらの神社は氏子が少ないのですが、獅子や笛や太鼓がしっかりなされます。
氏子の家々の前で獅子が舞っていきます。
地域密着の神社だなあと思います。

ちなみにアニメ「氷菓」の主人公奉太郎の家は一本杉白山神社の前にあります。
いまだに氷菓ファンが訪れるようですよ。

「文化庁が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の2015年の審査に、全国の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」32件の提案を決め、このうち県内からは「高山祭の屋台行事」と「古川祭の起し太鼓・屋台行事」の2件が盛り込まれた。」
そうですね。


 
03/09

のんびりしていてはいけません

Category : 日記
その1
10時にアルゼンチンタンゴのチケット販売日でした。
主人と母が行きたいと言ったので、9時40分ごろ文化会館へいきました。
沢山の人で、63番の整理券をもらいました。

アルゼンチンタンゴ

販売が始まって、列を作ると後ろの方のおばちゃんがまだかまだかと言います。
販売の方へ行っては「まだ22番目」などと嘆いています。
順番が来てチケットを買いましたが、あまりいい席ではありませんでした。
行く前に母が「通路のすぐ上の席がいい」と言っていたので、その席を手に入れられなかったことに責任を感じてしまう嫁なのです。
昨晩、「そんなに人は来ないだろうからゆっくり行ってもいいでしょう」などと話していたのが間違いでした。
早い人は8時には来ていたそうです。
のんきなことを言っていてはだめですね。

その2
たけしの家庭の医学で「アロマが認知症予防になる」と言っていました。
私はその番組を見ていなかったのですが、主人がそう言っていたのを聞いてネットで調べてみました。
そのときはページを見ただけで終わり、2、3日後にオイルを買おうと思ってネットを調べたら、どこを見ても売り切れでした。
近くのお店に行ってみましたが、テレビで説明された「ローズマリー、オレンジ、ラベンダー、レモン」の4つは売り切れでした。
テレビの影響ってすごいですね。すぐ売り切れになりますよね。
まあのんびりしていてはいけませんね。

突然思いついてしまいました。
「あんこたんべこく」方言です
「ぼけっとしている」「何もしないでなされるままにいる」みたいなニュアンスだと思うのですが。
あまりいい言葉ではないみたい。

仙台の方言で「あんこたんね」というのがあります。
「利口でないこと。馬鹿。脳みそが足りない」という意味だそうです。
これに近いのかな。

 
03/08

断捨離中

Category : 日記
主人が事務所としていたところを乗っ取って、パソコン教室にしてしまいました。
主人の居場所は居間になりました。
居間にはソファとテーブルはありますが、ちょいと物を書くような机がありません。

居間に机を置くには問題がありました。机を置きたいという場所には、クリーンヒーターがあった所でヒーターを撤去したあとの排気口の凸と給油の凸があってどうしてもおけませんでした。
水道が壊れたのをきっかけに凸を取り払ってもらい、ようやく置けるようになりました。

机は嫁に来るときに持ってきたライティングデスクで、二階の寝室からひいこらひいこらと降ろしてきました。
机の中を空けるために整理を始めたら、どんどんその範囲が広がって久しぶりの断捨離となりました。

まあ文房具の多いこと多いこと。
断捨離
子ども達が学校で使っていたパスや筆記具、ノート、主人が事務所で使っていた物、私が仕事で使っていた物、みんな合わせて物が溢れています。
文房具大好きでなかなか捨てられないのですよ。
以前の断捨離でたくさん学校へ寄付したけれど、まだあります。
蔵の中にも娘のおいていった文具もあります。
えいやっと思い切らないといけませんね。
 
03/06

永遠の0(映画)

Category : 季節
2月に母と映画を見たとき、予告編で「永遠の0」が紹介されました。
兄に借りた本があるからと母に届けました。
映画のちらしが入ると「行きたいねえ」コールが続いたので、一緒に出かけることにしました。
永遠の0

前日、母に「1時半に迎えにいくからねー」と連絡。

当日、10時に母から電話がありました。
「10時半にくるのじゃなかった?あんた言うことだけちゃっちゃと言うので分からなかった」
「2時10分から始まるので、1時半に行くよ。」

12時10分に父から電話がありました。
「12時半に迎えにくるんじゃなかったか?母さんが待ってる」
「1時半だよ」

1時半前に実家へ行くと、母は準備万端すぐ出かける準備をして待っていました。
「あんたが12時半から始まるといったので、お昼ご飯を早く食べて待ってたよ」
一日中映画に行く準備をしてたみたいです。
まだまだ笑い話でいられますけどね。

「この本の映画を見に行くんだよね」
「そうだよ」
「悲しい話じゃないといいけど」
「本とだいたい同じだよ」

父も誘いましたが、「ああいうのは作り話だから」と留守番となりました。
父は戦争を経験していますから戦争映画はどこか違和感を感じるのでしょう。

母はよかったねと感動していました。

本を読んだときも何かよく分かりませんが、感激したとか戦争は悲惨なものだとかいった感じはありませんでした。あらすじは分かっていましたが、映画でゼロ戦が打ち落とされても、何かシューティングゲームみたいな感覚がありました。
自分の感性のなさなのでしょうか。きれい過ぎるみたいな感覚があって、評判の映画を見ましたというだけです。

 
03/03

目病み女に

Category : 日記
暖かい日が続いて雪が一気に解けてきました。
凍っていたとき、ツルハシやスコップでパンパカ割って必死で融かそうとしたのに、
お日様の力ってすごいですね。
北風と太陽のお話を思い出しました。
駐車場雪
今まで駐車場に二台だけだったのが三台とめられるようになりました。

タイトルから外れました。
「目病み女」になりました。色っぽいですよ-。
金曜日から目がごろごろして充血しました。
3日たっても引かないので目医者さんへ・・。

目やにもなくてパソコンのしすぎでドライアイかと思ってました。
診断は「急性結膜炎」でした。
看護師さんに、「目が赤くなりました」と言った途端、ばい菌扱いです。
以前かかったお医者さんでは「そのへんにさわらないでください」と言われて、席を立つと椅子を消毒綿でふかれましたから、それほどではないですけどね。
診察を待つ間、他の人から離れたところに座らされましたよ。

「家族で同じタオルを使わないでくださいね-」と言われました。

家で主人に「結膜炎だって」と話したら、
「目病み女と・・・何だっけ?」
調べました。「風邪引き男」が正解です。
私、確かに色っぽいですが、風邪引き男がどうして色っぽいのでしょう。

 
  • « new
  • Home
  • old »