11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

11/18

東京へお上りさん

Category : 旅行
娘が家を離れて7年になります。
学生時代はよく押しかけていたのですが、就職してからは寮にいたこともあり、訪ねたことはありませんでした。
寮を出てアパートを借りていたので、一度は行ってこようと思い、押しかけて行きました。
自分だけででかけるときは、いろいろ調べますが、娘がいるからとバスの手配だけで出かけました。

前日まで夜更かししていたため、出発日は朝久しぶりのめまい。これはやばいぞを思いましたが、えいやっと起き、なんとかめまいから脱出しました。
バスに乗ってすぐに爆睡。平湯の停車場についたら、雪でした。
荷物を棚に上げようと上を向いたらふらふらっと後ろへよろけて、座席のところにはまってしまいました。
まあ、それも乗り越え、ひたすら爆睡。気づいたら新宿でした。

バスは十分ほど遅れました。頼みにしている娘といえば、寝坊して家を出るのが遅れ十分ほど遅れるとのメール。
バス到着寸前に、「今新宿で迷子中」というメールがきました。
地図の読めない女同士ですからね。困ったもんです。

こうなったら、頼みは甥っ子です。
前日電話がかかってきて、一緒にご飯食べようよということになりました。
連れて行ってもらったところは、よく分かりませんがイルミネーションがきれいでした。
紀伊國屋書店と東急ハンズとビッグカメラへ行きました。
やっぱり都会ですね。たくさんの物と人に驚きました。
甥も娘も高山で会うのとは違って、頼もしく見えました。

イルミネーション 新宿

翌日は、娘の部屋で一日すごしました。
アパートの隣がコジマ電気で催し物で賑やかでした。

忠犬ハチ公
帰りのバスは2時半発でした。朝はゆっくり過ごして、電車に乗って渋谷で乗り換え。
ハチ公駅とあったので、記念写真をとりました。
10時過ぎなのに電車はギューギュー詰めでした。次々と電車がくるのに「二分遅れです。申し訳ありません」とお詫びのアナウンスがありました。こんなところがジャパンダフルなのですね。

新宿では迷子にならない範囲で行動して余裕をもってバスに乗りました。
帰りのバスが松本を過ぎて山道へ入ったころからビュンビュンぶっ飛ばしで、カーブで揺られまくりました。
それで、予定より二〇分早く着きましたよ。

娘の様子も分かったし、ハチ公と記念写真もとったし、満足、満足。
 
11/13

冬やわい

Category : 季節
寒い、寒すぎます。
一昨日今シーズン初の雪が舞い、この2日は朝ちらちらと雪が舞います。
これから朝起きがつらくなります。夜の仕事をやめたのは正解です。
二日続けて本の返却と受け取りに夜夜図書館へ歩いていきました。
寒いし寂しいし、夜の外出は控えないといけません。

今日は一番の冷え込みで最高気温の予想が5度でした。
ストーブの設定温度を16度にしているのですが、ずうっと燃え続けています。
花鉢
お花は写真のように、玄関、台所、部屋の空いているところへ押し込みました。
台所は暖かいですが、玄関は寒いのでだめになってしまうお花もあります。

冬支度
さてさて、お花も大切ですが、問題は人間です。
夏は、暑い暑いCallを受けて、簾を必死で準備しました。
今度は寒い寒いCallでして、裏の家の窓を断熱シートで覆いました。
内側から断熱シートが貼ってありますが、サッシ部分も覆ってしまい窓とシートの間に空間を作ると断熱効果がばっちりなのです。

昨年両面テープで貼ったら、今年はがすのが大変でした。
反省をもとに、両面テープは使わずに綺麗に貼りました。

作業をしていると主人が帰ってきました。
そばでうろうろして少してつだってくれました。

まだ我が家の方が残っています。
雪が本格的に降る前にやらないといけません。

11月中旬ですが、窓の防寒対策の次は大掃除Callが始まっています。
今度のお休みは娘のところに行きます。
「これ、○○(主人)に休みのうちに大掃除をやりねとあんたから言っといてよ」
「え~ぇ、今からやったらまた汚れますよ」(^_^;)

※ちなみに「やりね」は「やりなさい」の意味です。
 「ね」は命令形ですね。

※ちなみに「やわい」は「支度」です。
 
11/09

雪が降る前に

Category : 季節
カモシカ お墓掃除
どこかで聞いたようなタイトルです。違いました。「冬がくる前に」でした。
花立てやろうそく立てが凍みでいたんでしまわないように、雪が降る前にお墓の道具を片付けにいきました。
山道を登っていってふと顔をあげたら、あら~カモシカです。
しばらく見つめ合っていましたが、こちらを怖がる様子は全くありません。
カメラを取り出したら、カメラ目線でした。
家へ帰って「カモシカにであっちゃったー、トトロほどではないけどね、びっくりしたよ。」と報告。
山の畑に高い柵がしてあるのも納得です。木の葉っぱをたべていました。
ネギはきらいみたいですね。

お墓は朴の葉っぱに埋もれていました。
きれいにしたけど、葉っぱのお布団の方があったかいかもしれません。
黙々と作業すること一時間。やっぱり寒そうです。
いろいろ考え事ができます。子ども達のこと、みんなの健康のこと、ご先祖様に見守ってくださいますようお願いしてきました。

紅葉
近くの山崎弘泰のお墓の周りは紅葉がきれいで葉っぱの絨毯になっていました。
お天気がよくないので、紅葉の写真写りがよくないです。
立冬も過ぎたので、もう冬ですね。
 
11/06

紅葉真っ盛り

Category : 季節
天照寺紅葉 天照寺紅葉
朝晩めっきり寒くなり、ストーブをつける時間が長くなりました。
気にしていた鉢をようやく家の中に入れました。
台所も玄関も事務所も鉢で埋まってしまいました。

旅行へは元気にいってきましたが、仕事がたまっていて無理をしたら、
久しぶりの肩こりになり、頭痛に悩まされました。
昼までは元気でしたのにね。
その元気なときに図書館で旅行雑誌を返却したついでに散歩をしました。

途中、お寺の並んでいる東山をみたらイチョウがきれいでしたので、
きっと天照寺もきれいでしょうねとよってみることにしました。 
大当たりです。
赤と黄色がとても綺麗でした。紅葉はお天気の日が見事ですね。

もう一つの隠れ紅葉スポット、川上邸別邸はもう少しでした。
 
11/03

ちょこっと草津温泉まで

Category : 旅行
実家の両親と弟の4人で信州から草津温泉へ出かけてきました。
私は旅行することが少ないので、どこへ行っても初場所です。

最初の見学は「無言館」です。
入り口近くに、あと五分、あと十分と出征の直前まで恋人を描いた画学生の絵が展示されていました。
無言館は若くして戦没した画学生の遺作・遺品を集めた美術館です。
胸が詰まりました。
無言館

小諸城址懐古園は予定になかったのですが、父が勧めるので回ってきました。
母が足が悪く、車いすを用意していきました。
父は杖をつくより押した方が楽というので、初めは父が押していましたが、それでは年寄りに無理させているようで格好が悪いと弟が押していくことになりました。
「まるでロバ売りの親子みたいだね。」
「そのうち、母が車いすを押したりしてね。」

鬼押し出し
続いて「鬼押し出し」です。
こちらは行く先を草津に決めたときから、見たいところでした。
浅間山の溶岩なのですね。
「すごーい、石ころごろごろだあ」と喜んだら
「石ころじゃないでしょ、岩ですよ」確かに。
鬼じゃなきゃこんな岩をごろごろにできませんね。
両親は休憩所で待っていました。

草津湯畑
「草津よいとこ一度はおいで~  どっこいしょ~ 
温泉は浴衣をきて夜、下駄履きでカラコロと歩くものだと思っていたので、旅館は湯畑の近くにとりました。
夜の草津温泉の中心、湯畑付近はイオウの匂いと湯気と沢山の人できらきらしてました。まさに温泉です。
お湯がとってもよくて、あったまりました。
下呂温泉はなぜか湯あたりして苦手ですが、草津のお湯は私にはよいです。
朝もお湯につかりました。

湯釜
絶対見たいと思ったのが白根山の火口湖「湯釜」です。
絶景ですね。見てよかったと思いました。
そこへ行くまでの風景も飛騨にはない景色で、素敵を連発しました。
主人と訪れたいところです。
湯釜が見えるところまでは山をのぼりますから、ここでも両親は待機です。
山をくだる途中で聞いた母子連れの会話

「エメラルドグリーンなんだよ。ほら、バスクリンの色」
子どもは「バスクリンと同じ色だ」って思うのでしょうね。
なんだか感動が薄れるのではないですか。

両親はひたすら待たされて、親孝行の旅行とは言えませんね。
私には、とっても感動し楽しい旅でした。
弟は運転手さんで、お疲れ様でした。
 
  • « new
  • Home
  • old »