04
03月05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

04/30

私のお花

Category : 季節
090426odamaki.jpg 090426biora.jpg 090426begonia.jpg 090426oriduru.jpg
ずっと出歩いていたので、ひさしぶりにお花の世話をしました。

おだまき、いつものとはちょっと違います。実のでき方が豪快です。

こんもりとなったビオラ、手前がカランコエ。
今年はカランコエが失敗、水のやり過ぎはよくないですね。

匂いが嫌われますが花は大好きです。ゼラニウム。
これは押し花にしても、赤色が失われません。

どんどん増えてくオリヅルラン。
冬は家の中にひっこしですが、大変です。

朝顔もフウセンカズラも植えますよ。楽しみ、楽しみ。

 
04/30

PCが壊れました

Category : 日記
PCが2台ともこわれました。
これからしばらくネットへ入れません。
皆様のところへも訪問できません。
 
04/28

北斎展

Category : 歴史
光記念館で開催されている「北斎展」へ行ってきました。
光記念館さん、いい展覧会をしてくださいます。
冨嶽三十六景、全46枚が展示してありました。
教科書で見る「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」は
ああこれ、これと引きつけられます。
構図や色彩について説明してくださるので、
よく分かりました。

いい物にふれると、心が豊かになりますね。
0904hikari.jpg  0904hokusai.jpg




 
04/27

ちょこっと名古屋

Category : 日記
毎週出歩いていていいのかしら。
ちょっと名古屋の美容院まで・・・ほほほ。

姪の勤める美容院へ母のお供でいってきました。
今回は高速バスです。往復5000円なり。
090425VG2.jpg
母は髪を染めてカット、私はカットしてもらいました。
姪っ子のがんばっているのを見ると応援したくなります。

雨ふりだったので、足の弱い母では栄えを見て歩くのは無理です。
終わったあとは早々に駅へ戻って高島屋で少しだけショッピングを楽しみました。

高島屋でエレベーターにのろうとしたら、何やら行列ができています。
まあ、クラブハリエのバームクーヘンを販売しているではありませんか。
090425kurabuharie.jpg
行列に並ぶ元気はなく、発見したことだけでうれしかったです。

高島屋といっても、
まず三省堂で本を見て、東急ハンズでお弁当のお箸を買っただけです。
時間はたっぷりあったけど、母にはしんどいですから、
バスまで喫茶店で休みました。
お土産は、バームクーヘンではなく、赤福でした。

さすがに先週の旅行から今回の名古屋行きでは疲れました。
バスのなかでjは爆睡でした。

 
04/26

ちょこっと東北旅行3 山々

Category :
米山山 弥彦山 磐梯山 安達太良山 吾妻山
蔵王山 栗駒山 妙高山 黒姫山 姥捨山

移動中、美しい山を見ると何山?ということで、
たくさんの山々が話題にあがりました。

090419kurikomayama  090419bandaisan
栗駒山                 磐梯山


米山と言う看板を見て、どれが米山山なの?
雨が降っていたので、どれがその山が分からずじまいでした。
米山山からくも~がで~た
今に夕立がくるやら・・
「そうか米山山は天気予報の山か-」

続いていくつも雪を被った山々があらわれて、何山??
弟は山登りが趣味で色々いいましたが、
カーナビをみながらでも、さっぱり分かりません。

宿は岳温泉にとったのですが、霧の中で、どうも高い山の中みたいでした。
途中道の横に雪が残っていました。
2日目に松島へ向かう途中、安達太良山が見えました。
宿は安達太良山の中腹だったのでしょうと言うことになりました。
ひとしきり智恵子抄と高村光太郎の話題。

2日目は宿から栗駒山が美しく見えました。
昨年の宮城内陸地震で山体崩壊があったところです。
被害に遭われた人の苦労はずっと続いていて、なかなか復旧できないそうです。

帰り道は磐梯山が見えました。野口英世の話題がしきり。
「いやあー、会津磐梯山はたから~の~山よ。
笹に小金がえ~また~なりさがる。」
いい民謡です。
米山山より、いいかも~。
米山山も帰りはハッキリ見えました。

東北も信州の山々も
裾野からすっくり立ち上がって見えるのが多いみたいです。

飛騨からだと「襞」から地名がきていると言われるように、
谷が険しくて高い山をみることが少ないです。
そんなことも、故郷を見直すこととなりました。

花粉症の弟に代わって半分は運転しました。
道が広くて気持ちよかったです。
一関から高速にのって、松本まで1000円。
思わず叫んでいましたね。やっぱ本当でした。いやあお得ー。
安房トンネルが750円でした。
 
04/23

ちょこっと東北旅行2 松島・平泉

Category :
まつしま~あ、さ~あ瑞巌寺ほど~の~ ♪
2日目は伊達政宗ゆかりの地、松尾芭蕉の俳句の松島。
日本三景ですってね。

山の中育ちですから、
「海だあ、かもめだあ」
とまたまた騒いでしまいました。

遊覧船の二階にのって優雅に景色をたのしみました。
(一階は1400円で、二階は2000円)
090418matusima
五大堂 は駆け足で回って、瑞巌寺は入口でお詣りしただけです。

午後は、中尊寺です。
藤原清衡・秀衡・基衡・・・。
父も母も弟も説明してくれるのですが、私は???。
最近こそ歴史に興味ももちつつあるのですが、
東北には縁がなくて・・・。
もっと勉強してからくればよかった。
090418tyusonji 金堂ということだけ分かりました。
続いて毛越寺(もうつうじ)、始めて聞く名前、おまけに読めません。
庭園が立派でした。






 
04/21

ちょこっと東北の旅1 会津若松

Category :
東北旅行に行ってきました。
東北旅行御一行様は、両親と弟と私。

1日目、目指すは会津若松です。

飛騨の山の中から出ていくには遠い、遠い。
東海北陸自動車道の飛騨トンネルを始めて通りました。
新潟へ着くまでに、トンネルばかり。
親不知、子不知辺りで、日本海が見えました。
山の中育ちの人は「海だあ」と騒いでしまいます。

花粉症でぐじゅぐじゅの弟が必死で運転する助手席で
お気楽に楽しんでいました。
会津は盆地といいながら、広いところです。

まずは白虎隊で有名な藩校の日新館です。
金曜日ということもあって、お客は少なく独占状態でした。
090417nissinkan

弟は歴史に詳しいので、とんちんかんなことをいう私に
あきれかえっていました。

続いて鶴ヶ城。
上杉景勝も城主になっていたところ、直江兼続が活動したところです。

090417turugajou 090417turugajou2

桜が満開で、こちらはたくさんの人出でした。
お天気がよければもっとよかったのですが、
きた甲斐がありました。
 
04/16

春の高山まつり4 (山王様)

Category : 行事
090415nakabasi.jpg
中橋の桜も満開、15日は午後からすっきり晴れて祭り日和になりました。

屋台は蔵の中ではいけません。
全屋台が並ぶ曳き揃えはなくなりました。
蔵の前に引き出されている屋台、曳き揃え場所に並ぶ屋台といろいろでした。

からくりは披露されました。
090415yatai1.jpg 090415yatai2.jpg 090415yatai3.jpg 
昨年はからくりの追っかけでしたが、
今年は主人の追っかけです。
いつもは普通のおじさんですが、裃を着るとかっこよくなります。
裃騒動があってもね・・。

090415yataikeigo.jpg 090415yataikankako.jpg
警固の人と屋台、カンカコ(闘鶏楽)と屋台、いいじゃないですか。
今年始めて知ったのが、警固の人がもっている杖。
あれは歩くための杖じゃないのですね。
しっ、しっと追い払う道具なのです。
それを実感したのが、↓の写真の宮本さんたち。
これはご巡幸が最後に御旅所に到着したときです。
観光客の人が追い払われていました。

090415maturi3 (28)
宮本はそれはそれは大変なお仕事で、重鎮たちはぴりぴりしています。
難しい顔をして、祭り人足たちもおこられています。
そうでしょう。午後からは晴れたといえ、午前の屋台を出すかどうかで頭をなやませたことでしょう。
寿命が縮まるのではないでしょうか。

そんなんですから、神様(御輿)が通る道に控えているのに、
観光客がちょろちょろ入ってきては困るのです。
それで、この杖でしっしっと追い払われていました。


主人からのお達しーー。
 
04/15

春の高山祭り3 裃騒動記

Category : 季節
行列、行列と騒いではいられません。
今年は主人が警固にでます。

裃を着ていかなければなりません。
どの家にも裃があります。
ところが、これが問題。
義父と主人が着られるようにと作ったらしいのです。(嫁に来る前)
義父は大柄です。主人はさらに大きいです。息子はさらにさらに大きい。
義父にはぴったりですが、主人には小さい。
義母はこんなもんやよといいます。

でも、毎回着付けで騒動になります。
おまけに嫁は主人に着付けさせる意志がない。ははは・・・。
090415hakama1.jpg 090415hakama2.jpg 090415keigo.jpg
お腹が太鼓腹になるように補正して・・ここまでは
和気あいあいでした・・・

ここから、ねさまの品格が
 
04/15

春の高山祭り2

Category : 行事
ドーン、ドーン
第1弾目は、一本杉白山神社の行列です。

「いやあ、カメラ、カメラ。お賽銭、お賽銭」
叫んで外へ出ました。

行列の先頭は鬼です。
鬼は節分のときじゃなくて、お祭りにくるのですよ。
お賽銭を出すと、獅子舞をしてくれます。これがわが家に舞ってくれた獅子。
昔(いつの?)は祭りの笛もカンカコも男の子でした。女の子は巫女ぐらい。
でも、今は女の子の出番が多いです。これはいいことだと思います。
090415hakusanoni.jpg  090415hakusansisimai.jpg 
090415hakusanfue.jpg 090415hakusan kannkako

家へ入って写真のサイズをかえてると、
ドーン、ドーン。
次ぎの行列は天満神社です。

「おくさーん、祭り、まつり」と主人に呼ばれて、
「上着、上着、カメラ、カメラ」またまた叫んでしまいました。

090415tenmankankako.jpg 090415tenman fue

毎年思うのだけど、天満様のカンカコはかわいいのよね。

わが家は3つの神様のご巡行の通り道になっているので、
ドーン、ドーンの音があちこちから聞こえて、心落ち着きません。

義母の心配




 
04/15

春の高山祭り1

Category : 行事
090414sakura 090414nakabasisakura2

ずうっとお天気続きで、桜も祭りに満開だったのに、
14日の高山祭りは雨でした。

はっきり雨のときは、
宮本(祭りをしきる屋台組)は悩まなくてもいいのでGoodです。
出仕する人もやわい(準備)をしなくてよくてOKです。

残念なのは観光客でしょう。
屋台が蔵の中ではみられません。

090414sanbasou 090414seiryutai
仕事へ行く途中に蔵の中の屋台を撮影、やっぱ携帯ではいけません。ぼけちゃいました。
いえいえ腕が悪いのです。


ここまで書いてたら・・・
ドーン、ドーン。
祭り行列がきました。
こちらは後ほど、記事にします。忙しい、忙しい。


ここで心配になるのは、行列がないのに、神様(ご神体)は御旅所へいけるかどうかです。
これは私だけかしら・・。
神様だから、とんでいけるよと思っていました。
そうしたら、少しは行列もあるようで、
ご神体は何らかの方法、トラックにのったりして御旅所にいらしたみたいです。
雨の中ご苦労様でした。

090414gyouretu

我が屋の提灯騒動
 
04/12

一気に桜が

Category : 季節
 暖かい日が続いて、桜が一気に咲きました。

 こんな日は洗濯日和なので、夢中で洗濯をしていましたが、
「桜がさいてしまうー」
と心落ち着かなくなって、カメラ片手に桜の追っかけをしました。

090411sakura2.jpg  090411sakura1.jpg

図書館で本を借りて、江名子側沿いに花見をしてきました。
この分だと、14日15日のお祭りに満開になりそうです。
こうもお天気が続くと祭りのお天気がしんぱいです。
春の高山祭りは雨が多いです。雪のこともありました。

今年は、主人が祭りに出仕します。
図書館で裃の着付けの仕方のプリントもいただいてきました。
義母に任せっきりですけど・・。

乾燥していると・・。
 
04/04

梅が満開

Category : 季節
各地から桜のたよりがきかれますが、
高山はこの寒さでまだまだです。
ようやく梅が満開になりました。
桜もいいですが、梅はかわいいですね。
子どものころ梅は梅干しを連想して、敬遠してましたけど、
ホントは可愛い花ですね。
090404ume

私のプランターのビオラも綺麗に咲いています。
これからこんもり咲いていくのが楽しみです。
最近のお気に入りはオレンジです。
娘が好きな色ですよ。元気がでます。
090404biora1 090404biora3 090404biora2

今週は娘が家を離れて、寂しい思いで暮らしておりました。
そんな中、いいこともありました。
 
  • « new
  • Home
  • old »