07
06月08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

07/29

ちょけらまいか2007

Category : 行事
高山も夏のはじまりです。
今年も「ちょけらまいか」に行ってきました。

スタートは陣屋太鼓です。(写真はクリックすると拡大します)
たたき手の人たちは、とっても生き生きとした表情でした。
いいですねえ。練習もたくさんされるのでしょう。
太鼓をたたいたあとは、変身して怪しいアラジンのお姫様になっていました。
ちょけ20071


次は映画の世界です。
衣装はどうやってつくるのか興味があります。
ちょけ20072

ちびまる子もたくさんいました。

世相を反映して、子育てストーリーです。
審査員にうちわを配っていました。
子ども達はかわいいですね。
ちょけ20073


やっぱり飛騨といえばこれでしょう。
ちょけ20074


スピーカーの前で見ていたので、頭ががんがんしました。
暑さをふきとばすにはいいかもしれません。


十分楽しんだ後の帰り道
 
07/26

陶芸講座

Category : 趣味
押し花講座、歴史講座ときて、次は陶芸です。

粘土をこねることは好きです。
1回目は形づくり。
板状粘土を空き缶に巻き付けて、カップを作ります。
お皿も板状粘土がら作ります。
出来上がったのが、↓です。
陶芸

他の方は、持ち手を工夫していました。
私のはというと、ぶっとい頑固な持ち手になりました。
作り手の性格を反映しています。

2回目は絵付けです。
講座に何回か参加していらっしゃる方は配置や絵柄を工夫しています。
絵付け

息を止めて真剣に描いていると、酸欠になりますね。

焼くのは先生にやっていただきます。
できあがりは、10月の文化祭までのお楽しみです。
どんな仕上がりになるかしら・・。
先生は、どの作品もおもしろいとか凝ってるねとか言ってくださいます。
 押し花のときもそうでした。
つい、その気になるのですが、今回はいけません。
形作りまでは、いいのですがねえ。
というわけで、作品は内緒です。
焼き上がったら、また紹介するかも・・です。
 
07/24

梅雨が明ける前に

Category : 季節
このところじめじめした天気です。
もうすぐ梅雨明けですね。

私のお気に入りの場所「神明神社」では
今あじさいが見頃です。
あじさ37

 スイセン、チューリップ、ツツジと楽しんできました。
神明神社あじさい


 今年はあじさいが気になります。
押し花にいいのですよ。
でもね、赤くてきれい~と思って押したら、
青い色になっていました。
アントシアンの赤い色は押し花にすると暗い色になってしまうそうです。

 押し花の先生のところへ写真を届けにいったら、
「上がって作品をみていきなさいよ」
と言われて、お話を聴きながら、素敵な作品を楽しんできました。
自分の手でものを作り出すことができるのが素晴らしいです。
美しいものを見て、落ち込んでいた気持ちがずいぶん回復しました。

梅雨があけたら・・。


 
07/21

ランチタイム

Category :
実家の両親の誘いで、グリーンホテルでランチタイムとなりました。
弟家族と私と息子がおよばれです。
年寄りにも若者にもあう食事だからと、
ホテルのランチメニューを調べて決めました。
燕御前

「つばめ御前」
ソーメンやお豆腐のサラダがあって夏らしいです。
そして、飛騨牛の焼き肉、鮎の唐揚げです。
家族揃ってホテルで食事というのは初めてです。
お肉を焼くのに忙しくて、それえという感じの食事となりました。
「あああ、慌ただしかった。」
どれもこれもおいしくて満足、お値段も納得。
しあわせ。

ほんとはお庭を眺めて優雅に食事だといいのですが、
もって生まれた性分は変えられません。
グリーンホテル庭


ホテルに飾ってあったお人形。「斑鳩の里」
ひかれてしまうのですよね。
真多呂人形


ついてな~い2
 
07/19

ブログ紹介バトン

Category : 季節
 娘のブログからバトンをいただいてきました。
ブログを始めてから2年弱です。
ここらでちょっと振り返りです。

1.あなたのブログについて説明をどうぞ。(テーマ、内容など)
  タイトルにもあるように、高山の街角、季節の移り変わり、行事の 紹介です。少しだけ自分カラーも出していきたいです。

2.ブログタイトルの由来は?
 もともとは、母の短歌集のHP「岳の夕映え」の一部なので、
ふるさとの高山をタイトルにいれました。

3.ブログを始めたきっかけ、動機は?
 娘のブログに刺激されたことと、時間的に余裕ができたことかしら。
 特技なし、変化なしの生活をしているので、
 ネタは高山しないとブログがもちません。
 
4.お使いのブログサーバーを選んだ理由は?
 娘をお手本にしていましたから、娘と同じサーバーです。
 広告が少ないみたいです。

5.ブログを始めて良かったこと。
 自分の回りを意識して見るようになりました。
 季節やふるさとのよさを感じられるようになりました。
 ブログを通じてたくさんの方と仲良しになりました。

6.反対にブログを書いててむかつくこと。 
 文章が苦手だとつくづく思い知らされることでしょうか。
 ブログにはまって、家事がおそろかに・・。自己嫌悪になります。

7.好きなブログ
 ブログを通じて仲良くなった方の全てのブログ。
 素敵な方達ばかりで、輝いていらっしゃいます。

8.バトンを渡す人
 バトンにこれがないといいですね。
 これがないとバトンとはいえないでしょうけれど。
 一度原点に戻ってみようと思われる方、持ち帰ってください。

ついてな~い
 
07/18

押し花講座

Category : 趣味
押し花講座最終回でした。
10月の文化祭にも出品します。
「デザインかんがえてきてくださいねえ」
と言われていたのに、頭の中は真っ白です。

押し花づくり

押し花は好きで、たっぷり作りましたが、
作品となると、とんとセンスがありません。
人の作品ばかりに目がいってしまいます。
仲間とお花を分け合って楽しかったです。

私の作品です。
作ってしまうと物足りないところがあります。
というわけで、撤去しました。

かわりに「田の下」の葛まんじゅうはいかがでしょうか。
kuzumanju

 
07/15

歴史講座4

Category : 歴史
 歴史講座も3回目となります。
今回は校区でも駅西側です。
私の生活圏外なので、またまた興味津々です。

初回の講座でも、その地にある木が歴史を見ていると感じましたが、
今回もそうです。
乃木松

左側は南小学校の「乃木松」で、
乃木大将が日露戦争の戦没者の慰霊のために植えたものです。
学校の移転や改築の度に移動させられたので、小さめです。
南小学校の校長先生は、この木に責任があって枯らしては絶対にいけないそうです。
右側は道下家の黒松で、岩倉具視からいただいたそうです。

こちらの今にも崩れそうな建物は「芳国舎」です。
社会見学で来たときのままです。
渋草焼きの窯元です。
芳国舎

 わが家にも渋草焼きの銚子と杯がありますが、義父が大切に扱うのがよくわかりました。陶芸にも興味をもっているので、しっかり見てきました。

sunorigawa

「苔川(すのりがわ)」です。中学生ぐらいまで、読めませんでした。
春に桜の写真をとったところです。
川は蛇行していたのですが、氾濫を繰り返すため整備されたそうです。
昔の川の後も教えてもらいました。

 とっても単純な私は、川や道って昔から変わらないように思っていたのです。理科で川の浸食を勉強したけれど、それと実際とは別物にとらえてしまいます。
 台風が来て川が氾濫したり、土砂崩れが起きたりしています。
昔から、災害との戦いもあったのです。
 今回もとっても勉強になりました。
 
 
07/10

近況

Category : 季節
 私のかわいい花たちです。
鉢花7

でも、この花たちは無惨にもはさみでちょんちょんと切られ、
↓こんな姿になります。
押し花材料

そして、そして、形を変えて
↓こんなんになります。
押し花作品

 四月から校区の社会教育委員を引き受け、教養部の係になりました。
「教養がある人なので教養部」
と言っていたら、
「教養を身につけないといけないから教養部」
と言われました。
押し花講座に参加しています。
通勤途中、よそ様の家の前に美しい花々があると、
うわあ欲しいと思います。花泥棒のきもちがわかります。

歴史講座も教養講座の一つです。

そして、このブログがアップされるころは、
もう一つの講座に参加していることでしょう。
「めざせ、教養がほとばしるおばちゃん」

深夜のドライブ
 
 
07/08

歴史講座3 善光寺と国分寺

Category : 街角
 歴史講座2回目で、善光寺と国分寺を見学しました。

善光寺といえば、信州信濃の善光寺です。
ここの桜も早くさくので、楽しみにしています。
前を通ることはありますが、中にはいったのははじめてです。
そして、信州の善光寺と同じく戒壇巡りがあります。
善光寺

真っ暗な中で、鍵にふれるといいそうですが、
壁をさわりながらいったのにさわれませんでした。
後ろの人が「ここにある」と言ってガチャガチャさせていました。
残念です。信心がたりないからでしょうか。

そして、国分寺といえば三重の塔と大イチョウ。
これしか知りませんでした。
碑やら墓やらたくさんあります。
話を聞いているときは、ふむふむなるほど
と思うのですが、しっかり忘れてしまいます。

すもうとりの白真弓の墓、芭蕉の句碑から最近では願掛けさるぼぼと
全てOKというところです。
こちらの本堂にも初めて入りました。
国分寺本堂

今日はは国分寺の八日市です。お休みなので、行ってみようかしら。

続いて、遊郭。こちらは裏にあたります。趣のある路地です。
お城の跡などへ行くと郭(くるわ)がありますが、
囲った場所をくるわというのですね。
yuukaku


写真はありませんが、最後はです。
壁をぬったり、サッシにしましたが、
建物自体は昭和九年に開通したときのままだそうです。
今駅西の開発が進んでいます。
こちらの建物は残してほしいです。

開発・・・。
 
  • « new
  • Home
  • old »