04
03月05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

04/29

臥龍桜

Category : 季節
 臥龍桜1

 一之宮町の臥龍桜です。
幹が龍のようにうねっていることから、名前がつけられたそうです。
昔は大幢寺の大桜と言われていました。エドヒガンザクラで、樹齢1100年を越しているそうです。
 宮村の頃、大江村長さん親子2代が、枯れかかっていたこの桜を復活させました。

 一之宮に向かうと、お天気が崩れはじめ、着いたときは曇り空に突風が吹き荒れていました。
 晴れているともっと綺麗です。

 写真左後ろに見える建物が、大幢寺の庫裏です。
これがないとさらに絵になるのです。でも、もともとこのお寺で守ってきたものでしょうから、そんなことは言えません。
 さらに、写真をとっていると、中から住職さんが出てきました。
お坊さんですから頭が丸いのは当たり前ですが、
桜に坊さんは似合いません。
 
 激しい風で、花見をしていた人達は早々に引き上げていました。
案内所のパンフレットも吹き飛んでいました。

 
 やっぱり・・。
 
04/28

花 はな

Category : 季節
 おはようございます。
ゴールデンウィークですね。
高山もたくさんの人で賑わいます。

 わたしは、どうしようかな?
今のところ計画なし。

 各地の花だよりを見て楽しんでいますので、
わたしも見習って、紹介です。
(高山とは関係ないですね)

まずは、チューリップ。
実家からのレンタルです。花の時期だけ楽しでいます。
球根は、荘川町からいただいたものです。
チューリップ23

チューリップ21



 ビオラ。
昨年の秋に苗を買ってきて、冬の間は蕾をとり、
株を大きくしてきました。
 これからは、しおれた花もこまめにとり、
切り戻しをしながら、長い間咲かせます。
ビオラ1


 ゼラニウム。
においを嫌う人が多いですけれど、私は好きです。
このにおいのおかげで、虫がよってこないのです。
ゼラニュウム


 では、これから出かけます。
皆様、素敵な休日をお過ごしください。


 まずは、母のアッシー君のため、実家へ。
母の大切にしている花々です。
 
04/21

さくら サクラ 桜

Category : 季節
高山は桜が満開です。
(クリックすると大きくなります)
桝形橋桜

中橋桜B

中橋桜A

苔川桜1

苔川桜2

苔川桜3

 いろいろ書くより、見てください。
上から、
枡形橋の桜、手に取れるところに咲いています。
中橋の桜、祭りのときは開きかけでした。
中橋からみたしだれ桜、柳との色合いが素敵です。

下3つ
苔川(すのりがわ)の桜。
昔はずうっと桜並木になっていましたが、
護岸整備のために下流の桜はきられました。

家族連れで写真をとっている人がいました。
よけられたら写真を撮ろうと待っていると、
「すみません」
といわれました。
「お花はみんなのもの、ゆっくりでいいですよ」
と待っていたら、??という顔をされました。
中国か韓国の人だったみたいです。

 川ぞいに上がっていくと、橋の度に
同じおじさんんに合いました。
おじさんは車で、私はチャリで、
桜の美しさを追いかけていました。
 おじさんとおばさん、どことなくうれしい。
 
04/18

Category : 季節
 お祭りが終わって、静かな平日にもどりました。
祭りの追っかけで疲れてしまった私は、ゆっくり寝ていたいのです。
 
 ところが、早起きさせられました。
ウグイスです。
5時半ぐらいに
 ホ~~ホケキョ
美しいお声です。
 それも、どうも私の枕元近くの外で鳴いているみたいです。
くっきり、はっきり、大きく。
ありがとうね、でも、もう少し寝かせてください。

一応わが家は町中のはずです。
どこかで飼っているのかしら?
 
04/15

2007春の高山祭りレポート(その5)

Category : 行事
 お昼から、またそわそわしてきました。
からくりの奉納を見たいしとか言って、
また出かけました。

 石橋台(しゃっきょうたい)のからくりをやっていました。
美女が突然獅子に変身します。
どういうお話なのかの説明は聞き逃したのでわかりません。
 やっぱり生はいいです。
からくり石橋台2


 次ぎが龍神台です。これも説明を・・。
これではレポートとは言えません。
からくり龍神台2


 三番叟は終わっていました。やはり来年の楽しみです。
謡曲に「浦島」のお話で、童子が翁に変身するみたいです。
からくり三番叟


 組へ帰って蔵に入る前にもう一度からくりを演じたそうで、
観光客は帰るころなので、しっかり見ることができたようです。
見に行けばよかったです。

 そして・・。
 
04/15

2007春の高山祭りレポート(その4)

Category : 季節
 高山祭りというと屋台が有名です。
お祭りは神様が地域を回られるのをお迎えして、
神様に獅子舞やからくりを奉納するものです。

ドーン、ドーン、ピーヒャラと音がすると、
それそれと息子も駆り立て、神様がいらっしゃったと、お賽銭をもって外へでます。
神様の御巡行です。
わが家は、一本杉白山神社、天満神社、日枝神社のご巡幸の通り道の近くにあります。
 居ながらにして、神様にお詣りができるのですから、便利です。

最初に来るのは鬼さんです。
一本杉の鬼は衣替えしたみたいです。昨年はしょぼかったです。
天満様の鬼は、青竹をバシバシならして、元気よかったので、鬼は天満の勝ち。
鬼さん


 続いてくるのは、獅子舞です。お賽銭を渡すと、ししが玄関先でピーヒャラ踊ってくれます。お賽銭を受け取る人が袋を触ってお札か硬化を判断して、舞い方が違ってきます。
 わが家は義母と私が賽銭を出したので2匹で舞いました。
息子の頭を噛んでもらって、賢くして欲しかったけれど、
獅子が行ったあとに出てきました。
 一本杉は獅子が6匹いて、見事でした。これは一本杉の勝ち。
日枝神社の獅子は氏子が多すぎて獅子は通って行くだけです。
sisitati


 お囃子は笛と鉦、鉦はカンカコといいます。
神社によって衣装が違います。
パンフレットにのるのは、鳳凰が描かれている衣装です。
天満様のカンカコ衣装は格子柄でかわいいです。
子どもたちは一生懸命なので、引き分け。 
闘鶏楽9


 屋台は日枝神社の祭りのものです。
御巡行には、屋台の替わりに屋台組の旗が出ます。
真ん中は屋台がない我が町内の旗、行列の最後が宮本を示めす旗です。
屋台の旗


 そして、御神輿です。
ちゃんとお詣りしました。神様に勝ち負けはありません。
2日間、お天気にめぐまれ、よいお祭りになりました。
神様達

 
04/15

2007春の高山祭りレポート(その3)

Category : 季節
レポート(その2)では、ニュースでも紹介されるところです。
夜祭りの屋台が行列をした後、「曳きわかれ」を見てきました。
曳かれていった屋台は、宮本にご挨拶と判を押して屋台蔵へ帰ります。
今年の宮本は五台山のある二之町です。
宮本

夜祭りの先頭は獅子と書きましたが、先頭は宮本です。
宮本の提灯をもった人が厳しいお顔で進んでいきました。
挨拶の場所で、屋台の人が巻物に判を押し、
宮本はご苦労様のお酒を渡します。
 屋台は「高い山から谷底見れば瓜やなすびの花盛り」をうたいながら蔵へ帰ります。
夜屋台3

 ここまでくると、観光客は少なくなり、
どことなく哀愁があり、地元の祭りになります。

 青龍台の川原町と大黒台の上川原町は隣組です。
二台が揃って町内へ帰り、
町内の境に屋台が並んで、隣組の儀式がありました。
互いに相手の町内に杯をわたし、大黒台組が「千秋楽」をだします。
お返しに青龍台が「めでた」を出し、みんなで唱和します。
 昔から続いている儀式だそうです。
組の結びつきを大切にしている気持ちが感じられ、
高山祭りだと思いました。


 
04/15

2007春の高山祭りレポート(その2)

Category : 行事
高山祭りの優美さはなんといっても夜祭りです。
家々には祭り提灯に灯がともされ、幻想的な街並みが浮かびます。
夜祭り待ち


夜屋台1

夜屋台2

屋台の先頭を獅子が進みます。
次ぎに、太鼓をつけた神楽台、三番叟、石橋台・・と12台が提灯に灯をともして進んでいきます。
道を曲がるたびに、拍手がわきおこります。
何度みても、見とれてしまいます。


今年は・・・。
 
04/15

2007高山祭りレポート(その1)

Category : 行事
待っていました春の高山祭りです。
前日、雷を伴う激しい雨。
天気予報も雨。
そして、14日朝です。
空には雲、少し光りがさしています。
宮川は柳の新芽があざやかになり、桜も咲き、
町も場所も準備OKです。
天気


こういうとき、宮本(祭りをしきる人)は大変です。
屋台は雨に弱いですから、屋台を出すか否かの判断をしなければいけません。
 町をまわると、屋台や祭りの人が待機していました。
屋台蔵の青龍台です。屋台は昨年修復が終わり、綺麗です。
屋台引きの人の衣装も新調され、派手な柄になぜか私が興奮しました。
祭り待


午後になって、天気は絶好の祭り日和になりました。
わが家は家の外へでると、陣屋の放送が聞こえます。
からくり

からくりが奉納されました。
左上が龍神台、下が石橋台、右が三番叟です。
屋台からくりは近くに寄りすぎると見えません。
お祭り、お祭りと騒ぐ私ですが、今年龍神台のからくりを初めて生でみました。
オーッ、ポンという囃子に合わせ、
唐子が壺をもってきて、板の先に置きます。
首をかしげて、かわいいですよ。
壺が割れて中から龍神があらわれ、何やら振り回して舞います。
紙吹雪がいつまでも空を舞っていてきれいでした。
生はいいです。
三番叟はまだ見ていません。来年の楽しみにとっておきます。
 
04/11

高山にも桜が

Category : 季節
 高山にもようやく桜が咲き始めました。
私の知っている桜の中で一番早く咲く、陸橋近くの桜です。
今週末は春の高山祭りなので、満開になるでしょう。
他の桜も早く咲きなさいよ~。
一番桜

桜アップ

陸橋の反対側は梅が満開でした。
こちらは週末まで、咲いていてほしいです。
rikyouume


そして、ご近所の木蓮とレンギョウ。
夕方撮ったのでフラッシュが発光しました。
お家の方驚いたかもしれません。
今年の木蓮は蕾のうちから一部茶色くて美しさは80点ぐらいです。
mokuren


早くにアップしないと、お祭り記事に押しやられてしまいますから。
急ぎました。


 この2回ぐらい、どこにでもある話題で「ちょこっと高山」
じゃなくて、「高山かもしれない」になっています。
 
04/10

お花の手入れ

Category : 季節
 お休みにいいお天気だとうれしいですね。
さあて洗濯物をと思っていたら、母から電話です。
「あずきとささげまめ欲しいので、ななもりへ行こう。」
すぐ、ほいほいと出かけたくなる私です。

 清見ななもりの道の駅では、早く行かないと野菜はなくなってしまいます。
ふきのとうがたくさんならべてありました。
百円単位で売っています。母は目的のものを手に入れ、
私はほうれん草をかいました。
野菜


繭人形

繭で作った人形もありました。
姉さま人形にはひかれます。ねさまの語源ですから。

いつもはここで花の苗を買うのですが、今回は花ひろばで売り出しをしているというので、そちらへ向かうことにしました。
場所が分かりません。母が広告をもってくるのを忘れてたのです。
そういえば聞いたことあると向かったら、昔あった場所は八百屋さんに
なっていました。

 コンビニで聞いて、目的地に到着しました。
お花がたくさんあって、幸せでした。
花苗

 バーベナ、ゼラニウム、サフィニアなどきゃあかわいいというだけで、たくさん買ってしまいました。
 

 そして日曜日

 
 
 
04/03

春を探しに

Category : 街角
 日曜日は暖かくて、夏日になったところもあるようです。
「今日は春をさがしちゃうんだあ。」
と宣言して、チャリでお出かけしました。

宮川の枡形橋(ますがたばし)の両側には桜と梅があります。
梅はようやく咲き始めました。
桜はまだまだです。
「待ってるよ~。」
と声をかけてきました。
宮川桜・梅


 次は、赤い中橋の近くの柳です。
こちらも、まだみずみずしい緑ではなく、出たばっかりでした。
大勢の観光客で賑わっていました。
宮川柳


 さらに下がると、がらくた市をやっていました。
4月から10月の第一日曜日に行われます。
茶釜に惹かれて、見るだけはただだからと楽しんできました。
そこで発見、おひな様
あ~あ、また載せてしまいました。
でも、鎧兜もあるからいいでしょう。
がらくた市


 ぐるっとまわって、いつもの通り道の沈丁花。
だあいすきです。
沈丁花



 最後のつもりでしたが、高山は今日がひなまつりなので・・。
 
  • « new
  • Home
  • old »