03
02月04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

03/30

とりとめもなく

Category : 季節
 各地から桜の便りが聞かれます。
高山はまだまだです。話題に乗り遅れるような気がしてあせってしまいます。

 そんな中わが家においしい春がやってきました。
ケーニヒスクローネ2

 日下部邸のおひな様クイズに何度も挑戦して下さったnorthin様からです。のし紙に書いてある言葉が素敵です。
 さっそくティータイムにしました。
材料に抹茶と書いてありました。和菓子に通ずるところもあるようで、
あきないおいしさです。
 それはそれは幸せな気持ちで春を感じながらいただきました。
主人にもどうぞと、コーヒーをいれようとして発見、カップにひびが入っていました。大好きなカップだったのに。 
ケーニヒスクローネ


とりとめもなく その1
 23日に名古屋へいきました。
バスの出発まで時間があったので、駅前を観察しました。
祭り準備

 高山祭りの旗と提灯があります。今年は土日と重なったので、また祭り追っかけができそうです。
 暖かくなってきて、また観光シーズンの始まりです。金曜日ですから、土日に観光するのでしょうか。たくさんの人がいました。
都会へ出かけるので、冬やわい(冬の服装)では恥ずかしいかなと思いました。名古屋ではミッドランドスクエアを建物だけ見てきました。

とりとめもなく その2 
 今朝の雷には驚きました。また地震かと思いました。
停電になったようです。
朝はTVのタイマーで起きるのに、リセットされてしまい、
おかげで寝過ごしました。久しぶりです。

とりとめもなく その3 
 息子の卒業祝いを宮川ぞいの「さわ山」で行いました。
お料理が一品ずつ出てくるので、写真にしても寂しいのですが、
どれもおいしいものでした。
 さわ山のお料理で楽しみしているのは、「ごへいもち」です。
よもぎのもちにあぶらえのたれをつけて焼いてあります。
父はお酒をのむので、あまり食べません。息子がちらちらと父の五平餅を見ていて、
「じいちゃん、ごへいもちちょうだい。」
とおねだりをしました。ほんとは私もおねだりしたかったのです。
gohei


とりとめもなく その4 
 丹生川で金塊が盗まれたことで、警備員もいないなんて
飛騨はやっぱり悠長なんだねと話をしていました。
わが家もそういえば裏は鍵をかけませんから、悠長です。
でも、表はかけます。鍵が壊れていて、外からかぎを使っても開け閉めできません。面倒なので、かけっぱなしです。出入りはもっぱら裏からです。
 飛騨では「鍵を閉める」ことを「つめかう」と言います。標準語だと長い間思っていました。

 悠長な話といえば、白山の話です。
(前回のコメントにも書きましたが再度)
飛騨と加賀で白山の取り合いをしました。
加賀の人が
「加賀の白山加賀のでござる」
に対して、飛騨人は
「加賀の白山、飛騨のでござる」
と言ったばかりに、とられてしまいましたとさ。
 この話は父から聞いたのですが、もっと詳しく知りたいなと思います。


とりとめもなく その5  おひな様おっかけ最終回

 
03/25

地震

Category : 未分類
地震がありました。
こわかったです。こちらは震度4ですが、
長い間ゆれました。
家がぎしぎし音をたてて、壊れるかと思いました。
PCに向かっていたのですが、身動きできませんでした。
ストーブは耐震装置は動かなかったです。
こわかったあ。
 
03/21

お彼岸

Category : 季節
お彼岸です。
 このところ、春と冬が行きつ戻りつしています。
家の裏においてあったバケツにはった氷は一日中とけずにいました。
氷点下の森じゃなくて、氷点下の家です。

 わが家の墓はいつもは雪に埋もれていますが、暖冬のおかげで雪もなく、墓参りにいってきました。
 義母は足腰が弱ってきたので、息子が
「ばあちゃん、おぶってあげようか。」
などと言っています。
 墓を掃除して、息子の卒業を報告してきました。

?山

 帰り道からの景色です。
遠くの山は、まだ真っ白です。
「なんて言う山?」「しらん。」
ということで分かりませんでした。

 途中、春を探しました。
オオイヌノフグリ

クロッカス4

桜蕾

オオイヌノフグリとクロッカスは、「春ですよ。」と言っていました。
桜は「まだまだ春ではありません。」と言っています。

 さてさて、実家で見つけた実。
名前は何というでしょう。草の中で、きらっと光っていました。
初めて見ました。私の中では大発見です。
青い実

となりのトトロに名前が出てきました。
姉は「ラピスラズリみたいな色だね。」といっていました。
ラピスラズリは「耳をすませば」に出てきました。
スタジオジブリの世界です。


おひな様のおっかけ
 
03/18

天満神社

Category : 季節
 天満神社へなで牛をお返しに行ってきました。
昨年、たけひこ様に教えていただき、息子の卒業と娘の勉強を願って、天満神社から「なで牛」をお連れしました。

天満の牛

 PCの前に置いて、毎日なぜなぜし、おかげさまで無事卒業できました。スクリーンセーバーは息子の小さいときです。これを見ながら、おーい、頑張れえとエールを送っていました。

牛

 この牛さんの後ろにお返しした牛がたくさん並んでいました。
みなさん願いがかなったのでしょうね。

 お賽銭をあげて、じっくりお詣りしてきました。
天満神社8


 天満様といえば、梅。
梅一輪いちりんほどの暖かさ   服部 嵐雪『遠のく』
 ほんとに一輪だけさいていました。
梅一輪


 そして、次ぎにいただいてきたのは

 
03/16

初午

Category : 季節
1週間、早いですね。
今週は寒くて、寒くて、帽子を被っても耳が冷たくて痛かったです。
自転車通勤では、涙が出まくりです。

日曜日、パソコンに向かっていると、
ドーン、ドーンと太鼓の音。
なに?何?と外へ出てみると、獅子がやってきました。
一本杉稲荷神社の初午祭りです。
獅子

写真では分かりませんが、雪が降ったあとの道はぬかるんでいて、
獅子舞の人は大変でしたでしょう。

太鼓の音を聞くと、春はもうすぐという気持ちになります。

ところで初午って?
 
03/12

めざましテレビで

Category : 季節
 冬に戻ってしまいました。
テンプレートを桜に替えようと思っていたのに、
もうしばらく今のままでいます。

 今夜の雪は湿っぽい雪です。
三味線の稽古に歩いていくときについた足跡が、
稽古が終わって帰るときも残っていて、たどってきました。

 今朝の「めざましテレビ」で、東山中学校の卒業式を放送していました。
実際見たことがないので、TVの受け売りになります。
 式の後、お世話になった先生(3年担任)を手作り御輿に乗せて校門を出て行きます。担任の先生も感激していました。
 大塚さんが、
「暖かみのある卒業式ですね。」
みたいなことを言っていました。
 TVでは、とっても美化されてしまいます。
 
 先生に感謝する気持ちは大切にしたいのですが、
「中3の担任(小学校では6年担任)だけにお世話になったわけじゃないのに。」
と思ってしまいます。あまのじゃくでしょうか。
 
 といいつつ、
18日(日)朝7時半に「遠くへ行きたい」で高山を放送します。
斐太高校の白線流しもでます。母校です。昨年はブログで紹介しました。
 
 
03/10

吉島邸のおひな様

Category : 街角
日下部邸お隣にあるのが、吉島邸です。

初め見たときは、お内裏様や后様がいないと思ってしまいました。
御簾の奥深くにいらっしゃって、わかりませんでした。
こちらは優雅な感じがしました。3組あって、代々のおひな様なのでしょうね。
tosijimahina

yosijimahina2


 吉島邸は、代々酒造りを家業としていて、杉玉が掲げてあります。
ここも豪商で、幕府に多額の運用金を献じていたそうです。
豪商がお隣同士です。お隣づきあいはどんなものだったのでしょうね。
お金持ち同士で張り合っていたかなあって、勝手に思っています。
日下部邸も吉島邸も国の重要文化財です。

 高山というと朝市や陣屋が有名ですが、日下部邸と吉島邸は見所です。私が行った日も人は少なく、日下部邸では塩せんべいとお茶をいただいて、ゆったり見物できました。

 さて、日下部邸のクイズの答えは・・
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
03/07

日下部邸のおひな様

Category : 街角
ふきのとうが顔を出すと、うれしくなります。
花が咲くと、これってふきのとう?と思ってしまいます。
さらに大きくなると、これなんだっけと思います。
fukinotou


今日は、冬に逆戻りしたみたいに寒い一日でした。

私が「おひな様、おひな様」と騒ぐものですから、
母もおひな様を見たくなったようです。
入場料、母持ちで日下部邸へ行ってきました。

二間続きの広間にたくさんの人形が飾ってありました。
まずは京風のおひな様です。お内裏様が右側にいらっしゃいます。
ずいぶん古いものだそうです。
写真はクリックすると大きくなります。
kyoufuuhina


続いて、明治雛です。明治天皇の健康を願ってつくられたそうです。
下の近衛兵は、後から作られたものだそうです。
このおひな様は、日本に4つしかなくて、珍しい物です。
meijihina

meijihina1


圧巻なのが、御殿飾りで江戸時代のものです。
豪華絢爛ってこういうことをいうのですね。見とれてしまいました。
kusakabehina2

kusakabehina1

いろんな人形がありました。
左下の籠には中にお姫様が乗っていました。
下中央は蹴鞠です。少しぼけてしまって残念です。鞠が木にひっかかっていました。
右下は「立ちつぶら」に入った抱き人形です。
立ちつぶらは実家にもありましたよ。

さてさて、珍しいのが右上のこのお二人。
題名は「○○○○○」平仮名なら5文字です。
クイズにしましょう。

日下部邸は
 
03/03

ひなまつり

Category : 季節
福寿草9

 暖かな1日でした。実家の庭に福寿草が咲きました。

 グラスビナ

 3月3日は、大好きなひな祭りです。
上のおひな様は、昨年、校区の社会教育の教室で作ったグラスアートです。クリアなシートをペタペタはって、その上から鉛の線を貼っていきます。落ち着いた感じに仕上がって気に入っています。

 3月から4月3日まで、高山では「飛騨高山ひな祭り」が開かれています。市内のあちこちでおひな様が見られます。
 母もみたいというので、歩かなくてもいいように、 
グリーンホテルで真多呂人形のひな人形を見てきました。
またろびな1

またろびな2

 やさしい雰囲気のおひな様です。
段飾りもいいですが、こうやって御殿に平たく並んでいると和やかに感じられます。


物産館のおひな様

 
 
03/02

高山西高校

Category : 街角
 3月1日は高校の卒業式です。
夕方のニュースでは、斐太高校の「白線流し」を取り上げていました。
中学の卒業式では、東山中学校の御輿です。

 子ども達の母校は高山西高校で、飛騨唯一の私立です。
人気が高まってきて勢いがある西高校を紹介します。
nisikou

 おそろしく厳しい学校です。
① 化粧禁止、ミニスカート禁止、携帯なんてもってのほかです。
おかげで、子ども達は、受験の時にはじめて携帯を手にしました。
娘は今でも化粧気なしです。

② 授業は0時限が7時半から始まって、夜8時半まで補習や部活があります。息子が3年生の時は、1月1日から補習がありました。
 ですから、塾へ行く時間はありませんでした。娘は特待生で授業料免除だったので、助かりました。
 先生方も当然朝早くから夜遅くまでいらして、学習の相談もいつでもOK状態でした。子どもに密着しているので、兄弟から従兄弟から親のことも丸分かりでしたね。

③ 子どもは特進クラスでした。理系は、毎日物理がノート3頁、数学ノート2頁、日記、他に宿題が山のようにでました。
 担当の先生は、ノートに全て目を通してくださいました。日記のコメントは本文より長いこともありました。

④ 卒業式の後も国立の受験のために、補習がありました。息子は受験が終わっていたのにもかかわらず、先生に呼び出されて友達と2人で補習を受けていました。

seifuku

制服はこんな感じです。

 きびしい学校でしたが、娘も息子も充実した高校生活を過ごすことができました。
卒業してからも学校に顔をだし、担任の先生からお昼をご馳走していただいています。
 おそろしく素晴らしい学校です。 
 
  • « new
  • Home
  • old »