12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

12/30

年末

Category : 季節
 やっとでできた年賀状を出すために、郵便局へ行きました。
年末の道路は混むので、歩きです。
年賀状をだして、次は、来年の京都行きのために、バスの切符を買いに行きました。
 朝まで雪が降っていましたが、お日様が出て溶け始めました。
雪道

道路はびしょびしょで、車が通ると水をはねるので歩きにくいです。
 帰り道は、秋葉様の正月準備はどうかしら、一本杉神社は?と正月準備を確かめてきました。今年も1年が終わろうとしています。

皆様、よい年をお迎えくださいませ。来年もよろしくお願いします。


 わが家の年越し前夜祭。
 

 
12/29

雪・ゆき**

Category : 季節
 昨晩から積もり始めて、今朝は雪景色でした。
年末帰省する人は大変でしょう。
 私は、雪が降るともういけません。外へ出るのは敬遠したいです。
子どもたちは、雪が降るとなぜかうれしくなるようです。
息子も娘も家へ帰っていますが、息子はさっそく雪玉を投げています。
娘は、雪だるまをつくりました。
yuki29

うれしくて車のボンネットにのっけて、そのまま買い物に出かけました。

 道路には少し雪が積もっています。始めて積もった日は事故が多くて危険です。まだ、凍結とまではいかないのでいいですが、冬の運転はつかれますブレーキを踏んじゃいけないくて、太ももに力が入ってしまいます。エンジンブレーキでしっかりスピードを落として最後にポンピングブレーキです。ABSがきくときは、しっかりブレーキを踏み込まないといけないようです。

 帰るときは、雪だるまは滑り落ちていなくなっていました。
 
12/21

Category : 季節
山々

 お天気がよくて、きっと山々がきれいだろうなあと思い、
昼休みに職場をちょっと抜け出して、写真をとってきました。
陽射しもあたたかく、とても12月とは思えない景色です。
 山々を眺めていたら、大きな気持ちになりました。


ふるさとは乗鞍なだり里山に父母眠ります吾も還ります

              短歌集「岳の夕映え」より

私の写真スポット

 
12/16

花もち

Category : 季節
東宮御所の初春を飾ると花餅は雪の朝をアルプス越えぬ 
         
             短歌集「岳の夕映え」より

 今年は雪が少ないですが、冬の高山は、雪に埋もれ花がありませんでした。
そんな中お正月を明るく飾るために花餅ができたのでしょう。
12月の始めには花餅作りがニュースになります。このニュースが流れると、なんとなく気持ちが慌ただしくなり、年末の気持ちになります。

花もち

 こちらは、今年のお正月に家具屋さんに飾ってあったものです。

 農家で作られますが、私も花もち作りを体験したことがあります。
ぺったんぺったんついて紅白の餅をつくります。もちろん餅つき器でもOKです。
それを伸ばして短冊に切り、木の株の枝に切り口をのり代わりにして巻き付けていきます。
 よい枝ぶりの切り株を見つけるのが大変だそうです。あまり細いと餅の重みで垂れ下がってきます。最近は切り株じゃなくて、枝にもちをまいたものを台座にさして作ることが多いです。
 床の間に飾ると華やかになり、お正月が楽しみになります。

 春まで飾ったあと、乾いたお餅は揚げて雛様のときのあられにします。塩で味付けするとおいしいです。
 
12/09

雨降り

Category : 季節
 雨がふっています。
もう、何回か雪が降ったようですが、私はまだ「ゆき~」という雪は見ていません。
今年は暖冬になるようです。
 国分寺のイチョウはすっかり葉を落としています。でも、いつ落ちたかは分かりません。黄色いじゅうたんにもなったのでしょうか。
イチョウ木



<ねさまの京都レポート> 
 伏見稲荷から東福寺へ向かいました。南大門の方は人が少なくて、いい感じでした。境内へ入って、びっくり。大勢の人でした。
 まずは、国宝の三門の大きさと造りに感動しました。

紅葉はどこ?
 何やら人が並んでいて、最後尾という案内板をもった人がいます。
飛騨人は待つことや並ぶことは苦手だと思うのです。すいていた方丈庭園を見物しました。枯山水=竜安寺の石庭という感覚ですから、南庭は新鮮な驚きでした。通天台で紅葉を発見するとともに、行列の意味も分かりました。

東福寺2

東福寺1

 紅葉は終わりかけでしたが、たくさんの人が訪れるのは納得でした。通天橋から開山堂まで人に押されまわり、それでもしっかり写真はとりました。葉の美しさより、落ちた葉と一体となった景色を楽しみました。

 紅葉を愛でるのにもお金がいるし、並んで人混みの中を行くパワーがいるということを体験しました。
 高山では紅葉はゆったり楽しむことができます。こちらは江名子川沿いにある川上別邸の紅葉です。takehiko様に教えていただいて、11月中旬にとったものです。アップしようと思っていたのが、のびのびになっていました。もちろんただ、高山でも知る人は少ないようです。
kawakami



彼(たぶん)はただで楽しんでいました。
 
12/07

稲荷神社

Category : 街角
 2日、3日と京都へいってきました。
 私のブログは「ちょこっと高山」と名乗っているので、いきなり京都というわけにはまいりません。

私のにとっての「お稲荷さん」は一本杉神社横の稲荷さんです。
毎日、帰りに前を通ります。
一本杉稲荷

近所の人がおまいりするぐらいだけの小さな小さな神社です。赤い鳥居は一つだけで、旗がたてられています。


こんな感覚の私が、伏見稲荷へ出かけました。
 
12/01

お土産

Category :
 明日は京都に行きます。絶対紅葉見ます。まっててくださあい。

 息子へのお土産はいつも決まっています。
飛騨牛乳シリーズです。高原牛乳、コーヒー牛乳、パイン、オレンジ、ヨーグルトです。彼はこれらを飲んで、大きく大きく育ちました。
家では鴨居に頭をぶつけてばかりです。牛乳はこれじゃないとという人です。牛乳やヨーグルトはあまり甘くなく、さっぱりしていると思います。パインとオレンジはそれなりに甘いですが、後を引かない感じです。飛騨牛乳さんとは親戚ではありませんよ。
飛騨牛乳

 そしてそして、「ばあちゃんの作った焼きおにぎり」です。
おにぎりを焼いて醤油をつけてまた焼いただけですが、これまたこれじゃないといけません。ばあちゃんの愛情がこもっています。
 私はそれらをリュックにいれて、よっこらせと運ぶ人です。

 高速で行くと、ちょうどお昼時に着きます。彼は食料を待ってるでしょう。両方のじいちゃん、ばあちゃんからのお小遣いも楽しみみたいです。

 ちょっと前、娘から電話がありました。
「母さん、明日試合なの。起こしてえ。」
「何時?」
「4時」
 電話を聞いていて、ばあちゃんが笑っていました。
「明日は7時にバス出発なのに、大丈夫?」
焼きおにぎりは作れないので、目覚ましで母の愛を示します。
 
  • « new
  • Home
  • old »