11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

11/27

どっち派

Category : 季節
ぽんた3号様からのバトンです。

『どっち派』ちょこっと高山バージョン

黒or白  
 白でしょうか。雪景色の高山は魅力的です。
 雪がとけて黒くなるのは「いとわろし」です。
         
夏or冬
 「冬です。」といいたいですが、寒さは大の苦手です。そろそろ冬眠したいです。高山にいらっしゃるのなら冬がいいですよ。
 夏は、長い間起きていられるのがいいです。
 
甘党or辛党
 お酒はだめなので、絶対甘党です。
 和菓子がいいです。
 高山のお酒はおいしいらしいです。今年の冬は「酒蔵めぐり」をして試飲をしようと決めてます。

綺麗or可愛い     
 綺麗な紅葉はとっくに終わりました。
 可愛いのは、さるぼぼ。
 私?・・綺麗にあこがれていました。

ズボンorスカート
 ズボンです。ママチャリに乗るにはズボンがいいです。
 
ベッドor敷布団
 ベッドです。頭のところに窓があるのですが、今朝は、冷たい空気がカーテンをつたって下りてきて寒かったです。
 
ロングorショ~ト
 昔ロング、今はショート。
 首筋が寒くて、ネックウォーマーが必需品です。
 
チョコorバニラ
 バニラです。バニラエッセンスって苦いです。
 高山には、抹茶が似合います。
    
走るor泳ぐ
 走れません。泳げません。
 大人の初心者水泳教室でバタ足でバックした人です。
  
数学or国語
 だんぜん数学。一応、理系です。
 日枝神社には和算の額があります。お参りしたから御利益があったのかもしれません。天満神社にもお参りしたけど、国語はだめです。父の血を受け継いでいます。
 
朝or夜
 お祭りは、夜祭りがいいです。
 冬の朝は宮川の朝霧が幻想的で素敵です。
 夜は眠いし朝も眠いので、どちらも×です。
   
犬or猫
  猫はね、飼っていた金魚をきれいに完食、プランターに置きみやげ。だから犬。
  
夢or現実
 夢といいたいけれど、現実。
1日1日を精一杯生きてるところです。
ブログは現実からちょっと逃避の時間です。

日本or外国
 日本から出たことないです。高山の中でうろちょろしています。
 ときどき京都、ときどき浜松。ときどき名古屋。
 ふるさとの良さは離れてみるとわかるものなのですよね。
 いつか外国にと思っています。

はしorフォ~ク
 箸でしょう。朴葉味噌はフォークでは食べられません。
 漬け物にフォークは邪道です。
 先端恐怖症の気があります。箸もそうだけど・・。金属のとがったのはいけません。人に指さされてもキャッと思うことあります。
    
楽器or合唱
  歌、いいですね。歌のテストのとき、男の子が「陣痛がおきる」といいました。魔法の声の持ち主です。
 以前はピアノ、エレクトーン、今は三味線、そのほかいろいろ楽器をやっているけど、まともに曲が弾けるのは一つもありません。
 どちらかというと、楽器。合唱は一人でできませんもの。
 
ふわふわorさらさら
 これってつらいです。くるくるです。さらさらにあこがれですが、先祖の血をひいていますから。

【バトンを回す6名】 
娘   ・・・・以前やっていたよね。レポートがんばれえ。
一歩さん・・・・お仕事がんばってね。
tamazusaさん・・無理かしら。
ということで、3人が精一杯です。
どなたか、バトンを受け取ってくださいませ。
 
11/26

記念日

Category : 季節
おはようございます。
 昨日はブログを開設してから1年の記念日でした。

 ブログを通して、地域や自分の生活を見直すことができたように思います。また、様々な方とふれあうこともできました。
 これからも、ぼちぼちと続けていきます。(^_^)v

 記念日行事でカウンターを設置しました。




 
11/23

お江戸ファッション展

Category : 行事
 光記念館で開催されている「お江戸ファッション展」を見てきました。招待券があるからということで、無料に弱い私です。
 光記念館は博物館です。宗教真光関連の施設のようです。詳しく知らないので、Googleで調べましたが、はっきりは分かりませんでした。そういうこともあって、行きたいなと思っても、ちょっとためらうところがありました。
 学校現場への出前講座や各種体験講座など、博物館としての機能は価値ある物だと思います。 

光記念館

 まずは建物にびっくりです。中山の高台にあって近寄りがたい感じのうえに、広い敷地に神殿のような建物です。
 
 中に入ると、高い天井、広いロビーに両脇から水が流れる空間といい、世俗を離れた感じがします。そこには見学者は数人です。

 お江戸のファッションは、絵を中心に、着物や帯が展示されていました。商人の着物や花魁の衣装がファッションの元になっていたのですね。打ち掛けや振り袖が1枚の絵と言われるのに納得でした。

 
 
11/19

漬物

Category :
娘には教へる時も無きままに我が家の味は嫁つぎくるる

短歌集
「岳の夕映え」より

tukemono

 姉が漬物をつけていました。
材料は、赤蕪、キュウリ、ナス、こけ(きのこ)です。
 赤蕪は父が畑で育てました。形が不揃いで、切るのに苦労していました。小さすぎるのは入れないと言っていましたが、
「びっくり蕪にして入れると楽しいかもしれない。」
と、姉のそばに座りあれやこれやとおしゃべりをして邪魔をしました。私は、鬼千匹の小姑です。
「もっと小さくてもいいよ。」
と母も合いの手を入れます。
 キュウリ、茄子は夏に採れたものを塩漬けしたものです。この塩気で漬物をつけるそうです。
 こけ(きのこ)はしめじです。昔は山でとってきたそうです。

 さて、わが家はというと、義母は私のあまりの料理べたに音を上げて
「陣屋朝市で買ってくればいいさ。」
ということになっています。



姉とねさまの会話
 
11/15

いちょう

Category : 街角
 仕事場の自転車置き場に、落ち葉がカサコソとふいてきました。
もう、秋も終わりです。
 仕事が終わると、暗くなっているので写真がとれません。
今朝は、写真を撮りたくて早めに家を出ました。目的はイチョウです。
大イチョウ

左が一本杉神社です。2本のイチョウの木があります。
左側の少し写っている方にぎんなんがなっていました。
「発見、左が雌株で右が雄株かあ。」
ということで、夫婦のイチョウです。
木になっているぎんなんをしっかり見たのは初めてです。いつもは踏んづけないように下ばかり気にしていますので・・・。
ぎんなん


 次ぎに国分寺のいちょうも撮影。
 こちらは、まだ緑のところもあって、これからという感じです。グラデーションになっているところがなんとも素敵です。
 雄株なので、ぎんなんはなりません。
「独身なの?どこかに奥さんがいるのかしら?」

国分寺のいちょうが一気に葉をおとすと、雪が多いといわれます。昨年は大雪でした。今年はどうでしょう。



 
11/10

おみやげ

Category :
「お土産、お土産何にしよう。」
帰り道お土産屋さんへよってきました。

「飛騨牛の牛肉しぐれ」・・ごはんが何杯もいけそう。
「赤蕪のしなづけ」・・・娘は漬物食べないし。
「とちの実せんべい」・・とちの実がなくてフランスから輸入してるって。

 またまた目移りしてしまいました。
「げんこつ」を手にしたけれど、いいもの見つけました。
「子どもだまし」といって駄菓子の詰め合わせです。
駄菓子屋さんにあるみたいな入れ物(プラだけど)に入っています。
駄菓子

 お土産として買ったのは、他に「栗おこわまんじゅう」です。
これは、私が食べたかったのです。
それで、娘には悪いけど、中身もパチリ。
駄菓子2


 三島豆は、祖父が買ってきてくれました。娘の好物です。

 
11/10

げんこつ

Category : 季節
 今度の土日、娘の所に行きます。
娘に「何かいるものある?」とメールしました。
「今のところないよ。」との返事。

でも、でも、親心。
グリーンホテルの物産館へお土産探検にいきました。
やっぱりお菓子と思って見回しました。

お酒入りのガトーショコラ。洋酒じゃないの?
高山生八つ橋。京都のまねっこ!
さるぼぼまんじゅう。包み紙だけだよね。

栗むし羊羹。1本1780円、たっかあ~い。
これは私が食べたいだけでした。

よし、娘の好きな駄菓子にしようと、物色。
結局、見ただけで買わずに帰りましたとさ。観光客ごっこでした。
 
11/05

山の畑

Category : 季節
畑作り楽しむ夫に気負ひなく覚めて働き疲れて眠る  

                  短歌集「岳の夕映え」より

 朝、父が畑でとれた大根を届けてくれました。
 木工場を長年営んでいた父は、仕事を辞めてから、畑を借りて野菜作りを始めました。野菜をいただく私ですが、畑へ行ったのは1回きりでしたので、今回で2回目です。
父の畑

 山の中の小さな畑で、父は冬に向けての物置小屋を作っていました。
畑には、大根、白菜、赤蕪、タマネギなどが育っていました。
 朝早起きして、一日中入れ込んでいます。
「畝を作るのに、鍬よりスコップの方がいいし、巻き尺で長さを測ってつくるんやよ。」
と母が笑っていました。
 父の性格の通り、四角四面の畝に、大根がまっすぐ並んでいました。


「米、買いに行く」
 
11/04

Category : 季節
文化の日ということで・・・。
 八幡神社で行われた菊花展へいってきました。
菊2

「菊作りは子どもを育てるのと同じ」と菊作りの名人さんが言っていました。どれも見事で、美しかったです。枝も葉っぱも手がかかっていて、心をこめて作っているものばかりと感心しました。
 一本仕立てのものや小菊の形を整えた物など、1人で何点も出品されていました。家族の理解がないとできないよねえと思ってしまいました。

菊3

 そこで、気に入った菊がこちらです。

 家で画像処理をしていて、思い出しました。
  きれいな花よ 菊の花、赤や黄色の菊の花
  日本の秋を 飾る花 赤や黄色の菊の花

小学校のときに習った歌です。寂しい思い出があります。


八幡神社は
 
11/01

カンワラビ

Category : 季節
kanwarabi2

ワラビです。春だけじゃないのですね。
寒い時期のワラビだからカンワラビと言うのではないでしょうか。

 このワラビを見るために、10月22日、乗鞍青年の家までいってきました清見のななもりで見て、どうしても自生しているのが見たくなりました。
乗鞍青年の家

 写真の手前の方に以前はあったのですが、整備されるようで、掘り返されていました。しばらく探したけれど見つからず、実家の庭でとりました。


涙がぽろり


 
  • « new
  • Home
  • old »