10
09月11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

10/28

生きびな祭り

Category : 行事
生きびな2

 とっても季節はずれですが、一之宮町の水無神社で
生きびな祭りがありました。
 市制70周年の行事の一つです。
おひな様ファンの私としては、いてもたってもいられません。
おひな様になる人は全国から募集して選ばれたそうです。
 ひな人形では妃様が一番すてきですが、
生きびな様ではお内裏様や右大臣、左大臣もすてきです。
生きびな

大臣

 お后様は、照れているのか笑ってばかりいました。
これも人間味があっていいですね。



 
10/22

JA飛騨農業祭り

Category : 行事
 こたつを出しました。
こたつでのうたた寝は気持ちいいですよ。

 今日もいいお天気です。
 行きたいところは、市役所でのフリーマーケット・南小学校での文化祭・JA飛騨農業祭り・清見のふるさと祭り・世界生活文化センターの催し・・。

 まずは、JAの農業祭りへ。
大勢の人出でした。野菜が安い、おいしいにおいが充満。
 わわわ、お花が欲しい。 
 わああ、飛騨牛のコロッケほしい
 あれあれ、かぼちゃの鬼まんじゅうがほしい。
主人の上着を引っ張って、いっぱいおねだりしました。
私が、欲しかったもの。
 ポン菓子・ヨーヨー・風船 
これは無料でしたが、子ども向けでした。残念。

 そして、主人が買ったものは、飛騨牛の串焼き、1本250円です。
飛騨牛のおだんごバージョンです。おいしくて追加でもう1本買いました。 
串焼き

 
 トラクターの販売もありました。普段トラクターとは縁がありませんから、興味津々です。
 ブログを訪問してくださる草津の百姓様が頭をよぎりました。
 トラクターに乗って写真をとりました。ほんとは大きいのにのりたかったのですが、ドアに鍵がかかっていました。こちらは、変身していませんよ。
トラクタ


 鬼まんじゅうとコロッケ、抽選会であたった卵がお土産、チョコバナナを食べて、最後に綿飴を買ってもらいました。


その後・・・
 
10/21

せせらぎ街道

Category : 季節
紅葉

紅葉のシーズンです。
昨年、清見のせせらぎ街道で撮りました。

 高山から岐阜方面へ出るために、清見から高速道路に乗れます。
行きは高速で出かけましたが、帰りは料金節約というわけで、
せせらぎ街道を利用し、この景色に出合いました。

 11月5日でもう終わりかけでしたが、この美しさ。
せせらぎ街道のよさは、紅葉を眺めるというより、
紅葉の中をドライブできるということです。
 木々が冬を前に着飾っているようです。
 紅葉がおわると、雨が降るように葉を落とし続け、短時間で枝だけになってしまいます。

↓こちらの紅葉もどうぞ。

 
10/19

ギャラリーの街

Category : 街角
 芸術の秋です。美術館で絵画の鑑賞をしてみたいです。
本町の商店街で、ギャラリーの街という催しをしています。
いつ頃から始まったか覚えがないのですが、ずいぶん前からやっています。商店街をゆっくり歩くことがなかったので、新鮮な気がしました。

ギャラリーの街1

信用組合の窓です。茶色い壁の間にあり、作品も大切にされている感じがしました。

ギャラリーの街2

 ブティックのショーウィンドウです。すっきりとしたレイアウトで、絵も洋服も楽しむことができました。
 右は呉服店です。このように商品の間にむりやり置いてあるといった展示が多くて、折角の作品なのにと思いました。
 ギャラリーがスタートした頃は、作品も商品も素敵に飾ってあったように思います。何年も続いて、マンネリ化したのでしょうか。


上(かみ)と下(しも)
 
10/16

お出かけ

Category : 行事
このところ、お休みがいい天気でうれしいです。
こんなときはどこかへ出かけたくて、うずうずしてきます。

まつりの森(平成の屋台があります)が無料
郷土館で総和流お茶道具の展示が無料
荘川のふるさと祭りの連獅子も無料

無料ばかりねらっています。さてどこへ出かけたでしょう。

獅子舞

 荘川の連獅子です。各町内から30頭もの獅子が舞います。
体が青いもの、頭が黒いもの、長い顔をしたもの等、ようく見るとそれぞれ個性があります。
 連獅子の前には、「夫婦の獅子」「ヘビと戦う獅子」など、町内毎の演目が披露されました。ただ、ピーヒャラ、ピーヒャラと動いているのではないのですね。

 写真のコンテストもあり、カメラをかまえる人も多くいました。
舞が始まると、
「前のやつ、立つなあ。」「邪魔だあ。」
と険悪ムードになり、残念でした。
私は後ろの方にいたので、カメラを上へあげてとったら空や木をとっていました。

 お昼には、山菜そばを食べました。荘川のおそばはおいしいです。

 
 
 
10/14

江名子川

Category : 街角
 先週は秋の高山祭りでした。
 1週間おいて、今日明日は高山市制70周年ということで、八幡祭の屋台が曳きそろえられ夜祭りもあります。
 何かにつけて屋台を出せば人が集まるというのは、あまり賛成ではありません。屋台組の人が大変だと思うからです。といいつつ、やっぱり見に行くというのはわがままでしょうか。
 祭りのときと比べると人混みはそれほどではありませんでした。写真もゆったりとれました。
クリックすると大きくなります。
屋台4


 八幡神社を抜けて、江名子川沿いの遊歩道を散策しました。
民家の間を流れる小さな川で、生活に密着しています。
宮川にかかる弥生橋のところで合流するまでにたくさんの橋がかかっています。朱塗りのもの、木製のもの、石造りのものなど様々です。
 川下から上流にむかって、以下のように、名前も素敵です。
 ・桜橋・布引橋・寺内橋・縄手橋
 ・屋台橋・左京橋・鉄砲橋・若達橋
 ・金比羅橋・宝橋・葵橋・愛宕橋
 ・桔梗橋・古柳橋・助六橋・東橋
 ・錦橋・月見橋・春日橋・日影橋
 ・青地橋・御幣橋・松室橋

江名子川

 川沿いには、なつめの木がたくさんありました。ほとんど収穫され、茶色くなった実が残っていました。。
 秋葉様もいくつもありました。身近な神様です。ひもにつながれた猫が、道の真ん中でお参りしていて、車が通れなくて困っていました。
 江名子川沿いは、通学路だったので、なつかしく思いました。子どもの頃遊んだ小さな小さな公園もありました。今日も子ども達が遊んでいました。

 
10/12

秋を満喫

Category : 季節
お祭りを見に行っている間に実家から
「なつめを取りにおいで」
と電話がありました。

義母から
「なつめをもらいに行くなら、栗赤飯を持って行って。」
ということで、赤飯を助手席に乗っけて、なつめもらいにいきました。
子どもの使いです。

 いつものように山王峠を越えると、向こうの山は初冠雪でした。前の日は山が大荒れで、遭難も相次ぎました。
山


 実家へ行くと、父と母がなつめと格闘していました。
「今年は豊作なんやさ。実をとらんと持っていけんよ。」
私もそばに座って実をとりました。枝に刺があることを初めて知りました。
「なつめの取り入れは10月10日」と地元の人は言うそうです。
 写真では穏やかな雰囲気ですが、父母は畑の作り方や実の取り方でもめるので、私が聞き役になります。これも親孝行の一つです。
 近所では枝を切らずに、木から実をとっているので、大変です。
実家では落ちた実から何本も生えてくるので、枝を切り取っています。大量にとれたなつめをもらって帰りました。義母に煮てもらって、お弁当入れていきます。こちらも親孝行です。??
なつめ


 帰り道、夕焼けでした。信号待ちの間にとりました。電線が邪魔で、家へ帰って2階から撮ろうと思ったのですが、もう終わっていました。秋の日はつるべ落としです。
夕焼け


 
10/10

秋の高山祭り

Category : 行事
9日10日と秋の高山祭りがありました。
お休みと重なり天気も最高によくて、祭り日和でした。
ここ何年も八幡祭りは見ていませんでしたので、気分は観光客でした。
屋台4

ずらりと並んだ屋台はそれはそれは豪華です。
行人台

北山を背景に曳かれる姿が動く陽明門といわれることに納得です。

大変な人出で身動きできないほどでした。
屋台の向きを変えるために、
「あと1メートルさがってくださあい。」
と言われるのですが、群衆からは
「さがれませえん。無理です。」
という答えが返っていました。
人におされっぱなしで流されていきました。
こういう経験も何年ぶりでしょうか。
背の低いおばあちゃんや子どもは押されて危険ですし、屋台もあまり見えなかったようです。

夜祭りもと思いましたが、それはTVのニュースで見ました。
秋の高山祭りが終わると、一気に冬へ向かいます。
今夜も寒くて、ストーブをたきました。

 
10/08

鍾乳洞

Category : 街角
母  :「鍾乳洞へ行こう。今日、高山市民は無料やよ。歌の題材にもしたいし。」
ねさま:「寒いのに・・。無料ならOK」
ということで、丹生川にある飛騨大鍾乳洞へ行ってきました。

 朝のTVで秋芳洞のことを見たばかりなので、説明を思い出しながら見学しました。
鍾乳洞2

 鍾乳石ができはじめるころのストローと呼ばれるものや、ヘリクタイトと呼ばれる曲がりくねったものもあります。この鍾乳洞が発見されて間もないころは、石筍や石柱もきれいでした。今は照明のあるところは苔がはえていたり、人の出入りのために汚れが付いていたりするそうです。写真もよくないよねと思いながら、撮ってしまいました。暗いところではきれいにとれませんでした。
 外は雨降りでした。中も上からの水滴がすごくて、頭へぴちゃんとくると、びっくりします。気温は12℃ぐらいで、夏のようにひんやりという感じはしませんでした。

 洞窟を出て下へおりていくと、演歌やピンクレディの歌をどこかの人がやっていました。せっかくの自然の造作に感動したのに、ちょっと気持ちがそがれてしまいました。

 その後、せっかく来たのだからと朴の木の温泉に入ってきました。
ジョイフル朴木

 建物の3階(写真左上)に展望露天風呂があり、左の景色、スキー場が見えます。スキー場の方からも絶対見えると思います。
 スキーの後で温泉なんて最高ですよ。
 手前の茶色いものは、枯れたコスモスです。ここももうすぐ雪です。
 
10/06

食欲の秋

Category :
雨が降って、夜は寒いです。
寒いと部屋のどこにいたらいいのか分かりません。
こたつがあれば居場所は決まります。

今日のお弁当です。
弁当

ご飯は、いつもブログに訪問してくださる草津の百姓様からいただいた新米です。たきたてはもちろんですが、さめてもおいしいです。お昼ごはんがまちどおしいです。ありがとうございました。

 おかずはというと、
なつめ:飛騨地方ではよく食べられています。そろそろ実家から大量に届くはずです。それを義母が煮てくれます。なつめは、好きな人ときらいな人にはっきり分かれます。
かぼちゃ:へちまみたいな形をしたすくながぼちゃです。以前紹介しました。
ぎせい:ぎせい豆腐というみたいですね。お祭りの料理にはよく出ます。
きゅうりの三杯酢:体のために酢をとります。
ささげの煮物:「ささげ採れたで持ちにおいで」と実家から声がかかります。
 飛騨庶民の秋の味覚が満載です。
 義母は煮物がじょうずです。私はそれをおいしくいただく人です。親には元気で長生きをしてほしいです。私の代になったらどうしましょう。
 
 
  • « new
  • Home
  • old »