08
07月09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

04/13

こわいなあ

Category : 方言
「ばあちゃん、こーわいなあ。」
娘が祭り見物に帰ってきたとたんおもいっきり飛騨弁です。高山を離れてから長くなってきてどことなくイントネーションが違ってきていると思っていましたが、お見事という感じで笑ってしまいました。

明日から祭りというのに、雨です。母はもう一週間以上前からお天気を心配しています。こればっかりはどうしようもないと思いながら、みんな嘆いています。
「こわい」は便利な言葉で今回は「困ったねえ」という意味です。

予報では14日15日ともに雨です。15年ぶりに町内を屋台が通るというのに雨で屋台がだせないとなると台無しで、「どもならん」のです。「どうにもならなくて困った、弱った」というところです。ニュアンスが伝わりにくいのですが・・・。兄は「どんならん」といいますね。

私はどっぷり飛騨弁で、さらに母は飛騨弁の達人です。
昨日のお昼に、「これ、げばいたやつあんたのとこでは使えんかな」ときました。

じゅうたんをきれいにするゴロゴロ(母はこういいます)のテーブを買ったのですが器械に合わなかったそうで、「げばいたやつ」というわけです。「失敗した」とか「よろしくない」という意味です。

雨が降り続いていますが、祭り準備も続いています。
わらじ
仕羅車を引っ張る役の人「かるさん」が履くわらじです。時代劇みたいです。高山では手に入らなくて富山の祭り用品業者から購入しましたよ。



 
08/02

はんちくたい

Category : 方言
「あ~れ、はんちくたい。」

主人は、片づけができない人です。
引出は引っ張りだしたまま、ドリンクの空き瓶もそこいらへんにポン。
今朝は仕事で届いた荷物の包み紙や梱包ひもを
だっしゃもない物の上にがさっとのっけてありました。
暑さに加えて散らかりようのひどさに、ピキッ

主人:はんちくたいは"I love you."ってことか。

ねさま:あー、はんちくたい、はんちくたい。

主人:ありがとう。

ねさま:どったわけ。
    ブログのお友達には飛騨の人もいるんだかんねー。

ねさまの品格が落ちましたね。(もともと低いって娘の声が聞こえそう)

今日は一日暑くなりそうです。
    
           ちなみに
 
07/17

なぁ

Category : 方言
小さい子どもが
「あのな。」「そんでな。」
と言うのは、とっても可愛いです。

わが家の場合

息子:ばあちゃんは、絶対長生きするぜ。
    世話焼きやで、動けんようになっても、口で世話をやくぜ・・・なぁ。
義父母の前で嫁である私に、同意をもとめます。

TVを見ていて
息子:みのもんたは庶民の代表みたいな顔して文句ばっかりいってる・・・なぁ。
朝は「目覚ましテレビ」を見たいのに、勝手に番組を変えていて、こう来ます。

なんとか戦隊を見ていて
息子:合体するのに、あんなに時間かかっとたらやられるぜ・・・なぁ。
私の全く興味のないことにも突然「なぁ」と振ってきます。あんなのは不自然が当たり前でしょ。

息子に向かって
主人:雨がふったら歩かんと、ますますメタボになるぞ・・・なぁ。
なぜか「なぁ」だけ、わたしに向かってきます。息子の反撃を恐れているのです。

私:「なぁ」って言うな。
主人:みんながおくさんに話しかけているのだから、しあわせやろ・・・なぁ。






 
04/01

おそろしい言葉

Category : 方言
「はよ、しね
おそろしい言葉でしょう。これが、あちこちの家庭で子どもに向けて発せられています。児童虐待かと思われそうです。

「はよ、起き。」
「はよ、寝。」
「はよ、食べ。」
娘が帰ってきていましたが、私が娘によく言う言葉です。「ね」は「~しなさい。」という意味です。「はよ、しね。」は「早くしなさい。」となります。娘は「あ~ん、また、母さんにおこられたあ。」と言いながら、ちっとも堪えていません。

 子どものころ、母が祖母に向かって「しんでもいいさ。」といったところ、兄が「母ちゃん、こ~うぇ。(恐ろしい)」となりました。嫁姑問題にもなりますね。 
 
03/09

そったに

Category : 方言
「あれ、こ~わいさ」「だしかん」「はんちくたい」
このあたりは、高山の方言として、よく知られています。

 職場で、みんなが普通に使っていてどことなく方言という言葉を聞いて、ひとりでにやにやしてしまいました。
「さっき、そったに。」(せった)ともいいます。煮物でも、履き物(せった)でもありません。いつもは洗練された話し方の人がこう言ったので、あらっと思いました。

ひぼ、ちょうだい。」
紐のことです。年配の方はよく使います。

「今から来るさ。」「これ、くれる。」こちらは、行き違いがおきる言葉です。
「今からそちらへ行きます。」「これを差し上げます。」
という意味です。相手の立場にたった言葉だそうですが、説明していると混乱します。


 方言になるのかどうか分かりませんが、私ができない言い回しがあります。
 今はずいぶん少なくなりましたが、農家の人が野菜や花をリアカーに積んで、家々に「キュウリいらんかな。」などと声をかけて売り歩いてきます。断るときに、義母も母も、
「きょうは、ようござんしたあ。」
と言います。独特の抑揚とやわらかい雰囲気があって、真似できません。これがすんなり言えるようになったら、高山人でしょう。