FC2ブログ
 
 
05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

05/11

お家新築 その15 こだわり

Category : 家新築
モデルルームを見学して、やっぱシューズクロークは欲しいよねと思います
いっぱい本を読んで、↓こんな間取りにしました。
シューズクローク
シューズクロークが行き止まりになるのは収納量は多いですが一度玄関に戻って靴を脱ぐことになります
家族はシューズクロークで靴を脱いで上がり、玄関には靴を置きません
クロークの奥に洗面台があって帰宅後手を洗うことができます
その奥がトイレで、右側に広い脱衣所があります。
ここが主人の希望の更衣室代わりです
もちろんシューズクロークを通らなくてもトイレも脱衣所へも行けます。

でもね、シューズクロークは主人のためにあるのです。
前の家では玄関は主人の靴、帽子、上着等お出かけのためのものが置いてあり片づいていませんでした。
私はというとパソコン教室の入り口横にお出かけ棚があってそこにバッグも靴も全てあって玄関は利用してませんでした。
お出かけ棚
そんなわけでこのお出かけ棚は勝手口に置いて玄関は利用しないでしょうね。

シューズクロークがちらかってしまいそうです。
どんなに収納を作っても、主人が片づけることをしなきゃいっしょなのです。

 
05/08

散歩の途中に

Category : 家新築
連休中お休みだった家新築。建築確認申請が通るまではちょいと一休みといったところです。

今は蔵を綺麗にしています。
前の家が蔵にくっついていて、見えなかった部分があらわれました。
かなり高さもあって立派なものです。が、昔蔵の近くで煮炊きをしていて壁が煤けたところもありました。

火、木、日曜日の午後は実家の母のお相手をします。
よい季節になって、車いすを押して散歩にでます。
いつものコースを廻って帰ってきて家へ入っても、10分もしないうちに母は「さて、家へ帰るさ」と外へでたがります。
できるだけ長く散歩をするようにコースを増やしました。
乗鞍
遠くに乗鞍があって草の生えた土手のある川があってのどかなものです。

車椅子を押して一万歩はしんどいですが、楽しみもあります。
この辺りは新しいお家がぼうぼつ建っているので、壁は何色かしら、窓の開きはどうなのかなとかを見て歩きます。
近くの高台に団地があり素敵なお家がたくさんありました。
汗をかきかき、ヒーヒー言いながら坂をのぼりました。その間母は寝てましたけど。
写真を撮ろうとして止まったとき「ヒェッ」とか言って起きました。

たっぷり外を歩いて戻ると「ごめんください」
家へ入ってしばらくするととまた「家へかえるさ」
もう一度一回りです。

母は何度も「ありがとうございました」といいます。優しい気持ちになれます。


 
05/01

お家新築 その14 階段

Category : 家新築
いままでの家はすっかり壊れて、整地もおわりました。
連休明けまでは作業はありません。

外壁、照明、設備をどうするか決めます
便利なもの素敵なものにこしたことはありませんが、そうするとお金がかかります
それで主人ともめます。

間取りは決めたので変える事はできません。
よかったと思うのは独立した階段があることです。
見学したところではリビング階段やダイニング階段で素敵でした。
母の家に住んでいて、私は階段をあがった突き当りの四畳でパソコンをいじっています。
台所にもこちらの部屋にも戸はありますが古い家です。
下のにおいがあがってきて、母がシイタケをにているなとか主人のサラダチキンだなとか分かります。
音もよく聞こえます。
これで戸がないとなると直きそうです。

家族の様子がわかるのはいいかもしれません。
私はシイタケの煮物を食べるのは好きですが、煮る時のにおいは苦手です。
 
04/30

孫の誕生日

Category : 方言
孫の誕生日にラインで動く動画スタンプを送りました

返事が音声で返ってきました。
録音が難しかったのか3回も「ありがとう」が来ました

無理やり言わせられたのか、
1回目と2回目は「ありがと
3回目は「ありがと

そういえば関西はありがとうのアクセントが標準語とは違うようですね。

関西「ありとう」
標準語「あがとう」
高山では「ありがう」

孫は関西弁になるのでしょうね。
前は広島弁で「いけんよ」(いけません)と可愛く言っていましたが
これからは「あかん」と言うのかしら。
高山では「だしかん」です。
 
04/27

お家新築 その13 解体2

Category : 家新築
蔵を残してお家を新築するためには違法建築状態を解消しないといけません。
用水路にはみ出している屋根を壊すのに倉庫も壊します。

母の「どもならん」

倉庫には新聞、花器、履物、工具、漬物おけ、洗剤等、色々なものがはいっていました。
それを処分したり、蔵へ納めたりしました。
屋根も倉庫も壊すとなると、母の家から新しい家まで今まで雨に塗れずに行き来出来ていたのができなくなります。
「雪が降ったらよけないと困る」
「倉庫がないと不便」
そうしないと家が建てられないと説明しても、わかりません。

蔵の屋根や壁の修理にもお金がかかります。
見積書を母が見て「どもならん」

高齢なので無理はないと思いながら、母のどもならんを何度も聞くのはちょいとしんどいです。
なくなった父は自分の家(母の家)と壊した家と弟の家と3軒たてました。
節約して質素な生活をしてこれまでしてくれたのですから、母が思い入れがあるのでしょう。

解体や新築にかかるお金も心配なのでしょう。

大きいドリルで基礎を解体していきます。
玄関のタイル部分をドリルで一突きし引っ張り上げると全部持ち上がって壊れてしまったのには驚きました。
寒い寒い事務所でしたが、床下に断熱材が貼ってあって土台と断熱材もしっかり分別していました。

お家の形はすっかりなくなりました。

とここまでは思い出しながらの記録でして毎日更新しました。
これからは随時の更新になります。