04
03月05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ねさま

Author:ねさま
高山の一角でひっそりくらしています
みんなのプロフィールSP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
にほんブログ村
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

04/21

春、元気にしています

Category : 季節
遠くに暮らしているお友達から電話がかかってきました。
ブログが更新されないけれど、元気にしてますかーとのこと。

はい、とっても元気で、忙しくしています。ブログもご無沙汰していました。
2月に更新して、3月になって更新しなくちゃしなくちゃと思いながら、あっという間に4月になってしまいました。
そして、あれよあれよという間に4月も下旬に突入してしまいました。
年をとってくると月日のたつのが早いと言いますが、ほんとにそう思います。

毎年楽しみにしている「飛騨高山ひな祭り」も「春の高山祭」も過ぎてしまいました。
ブログネタはいっぱいあったのですけどね。

こちらにもようやく桜がさいてよい季節になりました。
今日は母を誘って忠公苑へ花見に行きました。
桜
中橋の桜は観光客が多くて、車椅子で通るのはパスです。

相応院では弘法大師正御影供法会が行われて、兄がお手伝いに行っているので、「しっかり仕事してるかな」とそちらへも回りました。ガネーシャ様を祀っているのですよ。
いつもはゴンゴンと鉦を鳴らしてお賽銭をあげてお参りするのです。今日はお経が上がっているので、鉦をならすのはなし、小銭がなくてお賽銭もご無礼して、おまけに柏手を1回打ってしまって、失敗、失敗。

江名子川沿いを桜見物しながら帰りました。
そんなこんなで、元気です。


 
02/20

孫のお雛様

Category : 季節
孫に送ったお雛様の写真が届きました。
ばばばかです。とても素敵なお雛様で満足です。

雛様はお顔が命なのですが、加えて・・・・。

娘の要望、「お内裏様の着物は濃い色がいいな。鳥の絵柄は好きじゃない。」
さらに、燭台でなくて雪洞がいいとのこと。

娘の旦那様の希望「お后様の着物は赤でしょ。」

私の要望「はやりすたりのないものがいいな」

ということで決めたお雛様はこちら「ひなせい」さんのひな人形です。

ひな人形 雛様

お内裏様の着物は青色、お后様は赤色、金刺繍が豪華です。燭台だったのを雪洞に替えていただきました。今度孫に会いに行くのは、ひな祭りがおわってからですので、実物を見ることができないのが残念です。

孫と一緒の写真も送ってきました。男の子みたいですが、元気いっぱいの笑顔でうれしかったです。
元気で幸せに成長してほしいと思います。

今年も3月1日から飛騨高山ひなまつりがはじまります。

 
02/13

ひなさま

Category : 季節
毎年雛様とさわぐのですが、今年は1月からひなさま巡りとなりました。
孫の初節句をお祝いしたくてね。

お雛様は11月から売りにでて、もう1月は売り切れてしまうそうです。高山では一月遅れなので都会の売れ残りがお店で売られることもあるそうです。
娘のお雛様を送るといいのですが、お二人だけの親王飾でも大きいです。今の住まいでは飾ることができませんから、家でも建てたら送ることにしましょう。

ネットでお雛様の選び方とか値段のちがいとか調べたり、チラシが出ると見に行ったりしました。
いろんなお雛様がありますね。お顔や衣装にも流行があります。
ちいさくて質のいいものが欲しいと思いました。でもね、小さいとどうしてもちゃっちくなるのです。
ケース飾りはとんでもございません。
木目込み人形は大人向けではありますが、私の夢は衣装着です。


調べてみるとなかなか面白いです。
なぜお雛様は母親の実家で贈るのか・・・。
昔は、結婚すると旦那さんの親と同居が多かったです。実家の親は孫が生まれたら可愛い、でもなかなか会えない。というわけで、孫に会いに行くために雛様を贈るようになったようです。
最近は親と同居していないので、どちらかというと母親の実家の方が娘のところへ会いに行くのが多いみたいです。我が家もそうですが、いかんせん遠いです。簡単には会いにいけません。

飾るのは雨水がよいそうです。これは初めてしりました。高山では雨水では早すぎますよ。

娘と相談しながら、雛様選びを思う存分楽しみました。
実物を見て買うのが一番ですが、娘も私も納得できるものというとネットでということになります。カタログを両方に送ってもらって、さらにネットで調べてです。
「ひなせい」さんの雛様を注文しました。既に売り切れもありました。孫に贈った雛様も売り切れになりました。
今日大安に届いたようです。飾ったら写真をおくってくれるので、楽しみです。

孫の幸せと成長を願ってお雛様を贈ることができるのは、じじばばの楽しみです。
最近は、じいじ、ばあばと呼ばせるようですが、我が家はじいちゃん、ばあちゃんと呼ばせることにします。
旦那さんのおうちではおじいちゃん、おばあちゃんみたいですよ。
 
02/03

氷との闘い

Category : 季節
大量の雪がふってしばらくして日中の気温が高くなると道路がザラメのようになります。
車も人も通行が大変です。
ザラメ状態の道路

主人が市へお願いしたところ除雪の車がやってきました。市の除雪予算が底をついて、幹線道路以外は要請があるところは除雪をしていただけるようです。
除雪作業
やはり重機の力はすごいですね。
右の車だ道路の氷のような雪をこそげて寄せていきます。右のショベルカーも雪を寄せていき、右の車と合わせて雪をすくいあげます。左の車のタイヤが浮いています。ヒューンとバックしていってダンプに積んでいきます。

すごくかっこいいです。息子が小さいときはガーガ(車のこと)が大好きだったことを思い出しました。
そういや、ガーガのおじさんになりたいって言っていました。

重機でやっていただいても固く凍ってしまったところは残ります。そこは人力で氷を割ります。
主人は連日氷割をしています。大変ですけど、はまってしまうのですよ。

こちらは我が家の屋根のつららです。
つらら
一番長くて1m20cmぐらいあります。

またまた母の指令がでました。
「うちだけつららが長いので、みっともない」

道路沿いだとつららが落ちると人にあたって危険です。このつららの下は車庫の屋根なのですけどね。
みっともないことはないと思うのですが、落としておきました。ちょいと嫁姑のたたかいです。

母は道路の氷も割りたくて仕方ありません。つららも落としたくてたまりません。よそ様のつららも気になります。
母の指令を無視すると、自分でやってしまうのでね。先にやらないといけません。


 
01/31

君の名は。観てきました

Category : 日記
文化会館で行われた「君の名は。」を観てきました。
高山で上映されることを知り、チケット購入を主人に頼んでいました。主人は一度みているので「そんなもん、そう売れんさ」とのんびり構えていました。ところがあっという間に完売でした。
チケットが完売というのは珍しいことです。

さて当日、開場1時間前に席をとるため出かけようとしたら、またまた主人が「そんに早よういかんでもだいじょうぶさ。」というので30分前に行くともう大変な行列でした。

これからは主人のいうことは聞きません。

入場してからが席の争奪戦です。
何とか3つ席を確保できました。

1かい見ただけではよく分からないという人が多いようですが、図書館で本を借りて読んでいたのでよく分かりました。1度見れば十分ですね。途中、母は何度も寝ていました。その隣の方はいびきをかいていましたよ。

三葉の住んでいたところのモデル飛騨市です。父は古川駅の駅長をしていたので、父がいたら観に行ったでしょうね。もともと高山駅で撮影するようでしたが、駅舎建て替えで工事をしていたため古川になったようです。古川駅そのものはでてきませんでした。
古川駅周辺の方が趣はあると思います。
古川駅
駅のところには牛のぬいぐるみがある設定でした。実際はパネルのようです。

うしぼぼはずうっと昔紹介していましたよ。
うしぼぼ 牛ぼぼ

映画の内容からは外れてしまいました。はやりのものを体験するにはエネルギーがいりますね。